自費出版【愛媛県】費用と相場を比較しやすい出版社一覧

愛媛で自費出版をあつかう出版社を一覧にまとめています。またご自身の人生や経験を本に残すことで得られるメリットをお伝えしていきます。しっかりと読者を意識した“本作り”をすれば、あなたの想いが正しく伝わります。

<目次>
・愛媛県の自費出版の相場
・自費出版で得られるメリット
・愛媛県の出版社一覧(紹介と費用)
・費用不明な出版社一覧

愛媛県の自費出版の相場

まず目安となる全国の相場を見ていきましょう。その対比で愛媛の自費出版の現状なども分かりやすいと思います。愛媛の出版社は多くはありませんので、ある程度の地元価格になっている可能性が高いです。地元価格=安いというわけでもありません。

<全国の自費出版の相場>

・超大手の出版社:約200万~500万円
・中堅どころの出版社:200万円
・知名度の低い出版社:50~100万円

愛媛県では大手はありませんので、小~中規模の出版社になります。実際の本(出版)の見積もりに関しては、その紙の素材や仕様、ページ数や色数などさまざな価格が変動する要素が多いので、一概に相場というのは出しにくい事情は考慮しておきたいところです。

地域的な相場の目安としては、家庭や親族の保管用であれば【20~50万円】程度で、一般読者に販売する商業出版であれば【50~150万円】程度になると思います。保存用であれば、出版社よりも印刷会社に頼んだ方が格安で「本を形にするだけ」は可能です。

<自費出版の目的>

・保存用なら約10~50部(多すぎると在庫管理が必要)
・商業出版で約1000~2000部(+30~100万円)

<現状確認>

・原稿はデータで編集などは一切不要:追加費用なし
・原稿はデータだが編集などは必要:追加費用10~30万円
・完成原稿がない::追加費用10~30万円
・原稿は手書きである:文字数×0.5~1円程度の費用が追加

自費出版で得られるメリット

あなたは何を目的に自費出版をしたいのか?それを考えてみましょう。それが家族や親族に向けた継承的な内容や記録などの保存用なのか、一般読者に向けて経験や想いを綴った商業出版なのか、大まかにはこの二つに分かれると思います。

まず保存用に関しては、単純に考えると「身内が読者」になります。そのメリットは家系の伝承や繋がり(絆)の強化だと思います。ご家族に残しておきたいことや考えて欲しいこと、家族だから理解できる内容で構いませんので、最低限の「本」という形が整っていれば良いかもしれません。

それが商業出版となれば話は変わります。商業出版の読者は「赤の他人」です。さらに読者はお金を支払って本を購入するので、あなたの本は自費出版であろうとも『商品』となります。つまり、お金のやりとりが発生する商品と呼べるだけのクオリティが必要です。

自費出版を商業的なルートで流通する場合、あなたは「自分でお金を支払って作った本だから何を書いても良い」という考えを捨てなければいけません。一般読者からすれば、製作時のお金のやりとりは全く関係ないことです。読者が納得できる本を目指してください。

愛媛県の出版社一覧(紹介と費用)

愛媛県で自費出版をあつかう出版社一覧です。本当なら、安全性や公平性を保つために“明朗会計”の出版社だけに絞りたいところです。しかし、愛媛は出版社の絶対数が少ないので、できるだけ選択肢を増やしたかったので幅広く一覧にしています。

ここで表示している費用に関しては、大体200ページ程度の本を作るときの『最低価格』(税別)の目安としてお考えください。基本的には各社で見積もりをもらいましょう。もちろん、同じ仕様で比較しなければ意味がありません。

【PR】出版社名:玄武書房

一般的な自叙伝(自費出版)との相違
当サービスの「自叙伝」とは、著者の人生を綴ったもの、価値観を伝えるもの、体験や経験をまとめたものなど広...

紹介:全国対応可能。自費出版と商業出版ともに扱っています。自費出版に関しては「親族の保管用」と「商業出版」のどちらも可能です。また個人事業主向けのブランディングを目的とした出版に強いです。また家族向けの丁寧親切な本作りが人気です。

<家族保存用の自費出版>
費用:18~28万円
部数:30部(増刷可能)

<商業出版型の自費出版>
費用:36万円
受注生産なので部数制限なし
★プロの監修による商業出版★

<連絡先>
092-231-8318(外出が多いため下記へ)
090-6533-3700(担当:シン/受付時間10時~20時まで)

出版社名:愛媛新聞サービスセンター

https://www.ehime-np.co.jp/enpsc/book/publication.html

紹介:愛媛県松山市にある出版サービス。愛媛新聞のグループ会社ですが、どうしても新聞系の自費出版はブランドがあるので高額になります。やはり費用も書かれていないので、全国的にも新聞会社関連は総額で50万円を切れば安い方だと思います。

<家族保存用の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
新聞系列なので高額になると思います。

<商業出版型の自費出版>
取り扱いについては記載がありません。
※商業出版はできない可能性もあります。

<連絡先>
089-934-2232(営業時間:日中)

出版社名:エス・ピー・シー

https://www.kk-spc.co.jp/jihi/

紹介:愛媛県松山市にある出版社。手書き原稿の文字起こしの単価が1文字1円と書いているため、全体的に少し全国の相場よりも高額かもしれません。しっかりと見積もりを依頼して、後からの上乗せなどがないかも確認しておきましょう。

<家族保存用の自費出版>
費用:15万円+印刷費(予測10万程度)
部数:50部

<商業出版型の自費出版>
部数が50部からとなっているので比較不可能
※商業出版で“たったの”50部は考えられません。

<連絡先>
089-945-0111(営業時間:日中)

出版社名:東田印刷

http://higasidainsatu.jp/Higashida_Publication.html

紹介:愛媛県新居浜市にある印刷会社。出版業務も行っていますが、基本は印刷会社だと思います。印刷会社の強みは格安で「本を形にする(製造)」ことができます。編集なども力を入れているようですが、費用が不明なので、慎重な事前確認が必要です。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
印刷会社なので製造だけなら安いと思います。

<連絡先>
089-734-5656(営業時間:日中)

費用不明な出版社一覧

以下は愛媛で自費出版の取り扱いが不明な出版社も含まれます。基本的には印刷関連の仕事をしているので、依頼すれば受けてくれる可能性はあります。まずは相談という形でメールなどしてみても良いかもしれません。

しかし、自費出版を積極的に行っていない場合は費用が高くなる可能性はあります。あなたの出版目的が「保存用」であれば、出版社ではなく印刷会社に依頼する方が、一般的には格安に抑えられると思います。まずは各社に見積もりを依頼してみましょう。

▼松栄印刷所:愛媛県松山市三番町/089-941-3334

▼アトラス出版:愛媛県松山市末広町/089-932-8131

▼佐川印刷:愛媛県松山市問屋町/089-925-7473

玄武書房の自費出版について

出版に関するアレコレまとめ