玄武書房から出版された著者の皆様から頂いた声(評判)

実際に出版された「著者」の皆様へアンケート

当方(玄武書房)に限らず、ネット検索で出版業者(出版社)の評価や評判などを探す方も多いのですが、なかなか明確な評判と言えるものは出てこなかったと思います。

それは出版におけるサービスというのは、単なる売りっぱなしの商品ではなく、出版後もその関係性は続いていきます。例えば、印税の支払いなどが分かりやすい例です。そうなると、将来的な関係性も視野に入れた評価や評判をするのは難しいと思います。

さらには、著者と編集担当者の相性などもありますので、一概に「あなたに合うかどうか」は判断が難しい部分が多いでしょう。つまり、他人の評価や評判が適用されにくいわけです。

今回は玄武書房で出版を検討するうえで、少しでも参考になればと「著者の声」としてまとめさせていただきましたが、それは評価や評判というものではなく、あくまで【一個人の想い】だと受け止めていただければ幸いです。

著者:持田繁 様

■「国際の平和と安全の維持-安保理の実績-」
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566708/
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/17278610/

出版形態:商業出版、POD出版

国際の平和と安全の維持-安保理の実績-

1)本を出版したいと思ったきっかけ

我が国での国際政治関係の論調を見ると、今だ法律主義的アプローチに基づくと見られる安保理に与えられた権限の過大評価及び、それをベースとすることから生じる安保理の実績に対する過小評価があると思われたので、それへの反証を提示したかった。

2)玄武書房を選んだ理由

ホームページから伺える玄武書房の出版に取り組む姿勢及び出版形式に好印象を得たこと。オン・デマンド出版形式をとることによって他の出版社に比べ大変良心的な費用で出版が可能となること。インターネット全盛の今日、出版された本が書店で販売されないオン・デマンド出版形式に左程の不利を感じられなかったこと。

3)幸せメッセージ

出版を通じて、やりかけたことを一つの帰着点まで持ってこれた。

著者:氷乃士朗 様

■山河を駆ける・上巻-日光・南会津の戊辰戦争秘録
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566589/
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17271649/

■山河を駆ける・下巻-日光・南会津の戊辰戦争秘録
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566597/
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17285973/

出版形態:商業出版、POD出版

山河を駆ける・上巻-日光・南会津の戊辰戦争秘録

1)本を出版したいと思ったきっかけ

本作の舞台になった戊辰戦争の戦いは、かなり以前から興味を持って調べていました。多くの方々に知ってもらいたいと思い、小説・実写・漫画等で誰かが採り上げてくれることを期待していましたが、いつになるか、そもそもあり得るのか分からない、誰かが採り上げるのを待つよりは、自分で動こうと考えて本を出版することを決意しました。

2)玄武書房を選んだ理由

最初は、大々的に自費出版を告知している大手出版社の原稿募集に応募しました。内容を評価されて(?)出版を打診され、担当者といろいろとお話をさせていただきましたが、提示された金額等々をみて、その場でこちらから辞退しました。
もともと「多くの方々に知ってもらいたい」という想いから始まったこともあり、可能な限り初期費用を抑えようといろいろ調査した結果、玄武書房さんのHPにたどり着きました。
メールでの問合せ、疑問点についても丁寧にお答えいただき、『著者の声』等も参考にしてお願いすることにしました。

3)幸せメッセージ

玄武書房さんのコンセプト通りです。手元に書籍が届いた時は感無量です。想いが形になるっていいことだなぁ、としみじみ感じました。
また、出版に至るまでのプロセスも、初めての体験ということもあって新鮮で、日々の生活の極上のエッセンスになっていたように感じます。

著者:浅野暁子 様

■当事者中心の精神看護:脳科学・心理学的視点からの実践
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566651/
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17250727/

出版形態:商業出版、学術書出版、POD出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

臨床における疑問がたくさんあり、心理的観点から改善できるのではないかと思ったため、出版を決めました。

2)玄武書房を選んだ理由

オンデマンド方式という、大変効率の良い出版方法をとっており、出版費用が他社よりも抑えられるため選びました。私自身も本屋に行くことは少なく、ネットでの購入がほとんどなので、特にこの方式に迷うことはありませんでした。
またホームページに記載されてました出版理念、費用の分かりやすさも選ぶために役立つ情報でした。

3)幸せメッセージ

出版を通じて、または何度も校正する中で、新たな発見や私自身の考えをまとめられたことです。まだ発売したばかりですが、私の関わる仕事関連の方から、好評をいただいてます。

著者:國重正雄 様

■地域コミュニティの研究-組織・規範・資源からの考察-
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566570/
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17195252/

出版形態:商業出版、POD出版

地域コミュニティの研究-組織・規範・資源からの考察-

1)本を出版したいと思ったきっかけ

社会人として働きながら、細々と10年近く大学での講義を続けてきたものをその内容として、まとめたいと考えたのがきっかけです。オリジナルな理論と講義内容であるので、既存の図書では不十分でした。授業がオンデマンドなのだから、電子書籍ではなく教科書こそ「リアルなもの」を受講生の皆さんに届けたいと考えました。また、30年来、師事してきた恩師も80歳となり、本書を是非読んでいただきたいという想いもありました。しかし、残念ながら出版は半年ほど間に合いませんでした。

2)玄武書房を選んだ理由

オンデマンド出版なら、在庫を抱えることなく、全く無駄がないというのが理由です。そして、その結果、出版費用も驚くほどリーズナブルです。学生さん向けの本なのだから、出来るだけお買い求めやすく、という願いも玄武書房さんにご理解いただきました。
一方、商業出版としてのクオリティーを確保すべく、“独りよがりの本”にならない監修が必要である、という玄武書房さんの方針も決め手になりました。

3)幸せメッセージ

これまでの講義の資料があるのだから、本は簡単にまとまるのではないか、という甘い考えがありました。しかし、現実に本をまとめる作業に入ると、論理の飛躍を埋めるために必要な部分が沢山あることに気が付き、改めて思索・検討する部分があり、新たに書きおこす部分が多々ありました。玄武書房さんからの各章ごとの毎週の厳しいチェックも大変助けになりました。
厳しいチェックに応える苦痛と完成に近づくある種の達成感・ワクワク感は、経験した者でなければ味わえない醍醐味だと思います。出版出来て、本当に幸せです。

著者:金城克哉 様

■となりのLGBT-初心者向けQ&A-
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566538/
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17195251/

出版形態:商業出版、POD出版

となりのLGBT-初心者向けQ&A-

1)本を出版したいと思ったきっかけ

LGBTについての啓発活動のため、noteというブログでQ&A形式で記事を書き始めました。
記事が200を超えたあたりから書籍化したいという気持ちになりました。
これまで英文で書かれたLGBT関連書籍を翻訳する機会に恵まれました(他人の書いたものではなく)が、今回は自分の考え・想いを書籍化したいと思いました。

2)玄武書房を選んだ理由

こちらから選んだというより、「選んでいただいた」という表現が適切です。
書籍化に関してできる範囲で様々な出版社にコンタクトをとりましたが、すべてお断りされました。最後に拾っていただいたのが玄武書房様でした。

3)幸せメッセージ

LGBTについては無関心な方がまだまだ多いという印象です。そして、その無関心によって傷ついている当事者がいます。もしこの本を読んで少しでも読者の皆様にLGBTのことを理解いただけたら、それが私の喜びであり、幸せだと思います。

著者:たけだゆみこ 様

■ももちゃんをさがして!!
Amazon ≫ https://www.amazon.co.jp/dp/4909566619/
楽天 ≫ https://books.rakuten.co.jp/rb/17187462/

出版形態:商業出版、POD出版

ももちゃんをさがして

1)本を出版したいと思ったきっかけ

幼少期から文章を書くことが好きで、いつか本を出したいと思っていました。そして、形に残すこと、それが第一歩だと感じていました。
今回は絵本ですが、実は私は絵が上手ではありません。そんな時、とてもあたたかくて優しい絵を描くイストレーターさんに出会いました。
おかげで刺激されつつ、ひとりだとできなかったことを乗り越え、新しいものを生み出す無限に満ちた世界で挑戦してみたくなりました。

2)玄武書房を選んだ理由

自分ひとりだけの世界観ではなく、知識を豊富に含んだ方からの客観的なアドバイスをもらえるというということが一番でした。そして、何よりも低価格で、在庫を抱えないオンデマンドという出版だからこそという思いがありました。
当初はこれ絵本だよねと疑うような長い長い文章でしたが、ひとつひとつ丁寧にご指導いただき、よりよい作品に仕上りました。

3)幸せメッセージ

何かしら、形に残ると言うことはとても素晴らしいことだと思います。仕上がったばかりの本を手に取りながら、幸せホルモンを感じ、まだ小さな一歩ですが、その先の未来へ向かって大きな夢を描いています。
日本語はとても美しいです。表現の仕方ひとつでたくさんの感情がうまれます。私はまだそういう表現の説得力という点では勉強不足ですが、これから新しい発見とワクワクとした感情という世界観を探してしていきたいと思っています。

著者:川島秀樹 様

■公立病院改革と医療政策
Amazon ≫ https://www.amazon.co.jp/dp/4909566546/
楽天 ≫ https://books.rakuten.co.jp/rb/17130112/

出版形態:商業出版、POD出版

公立病院改革と医療政策

1)本を出版したいと思ったきっかけ

2017年に科研費を取得し、2022年が最後の年になります。
そのため、共著者で公立病院に関する書籍を出版することにしました。
4章構成で、そのほとんどは学会誌に発表したものをまとめました。

2)玄武書房を選んだ理由

科研費を取得したと言っても、本の出版予算は少なく、東京の出版社に費用を問い合わせたところ、金額の高さに驚きました。
また玄武書房に問い合わせると、良心的な金額で回答も早く、丁寧な印象を持ち、信頼できると感じました。

3)幸せメッセージ

公立病院の院長様から、お礼の手紙を頂いています。
基本は論文誌を書籍にまとめたものに、玄武書房から多くの訂正、修正案をいただき、とても感謝しております。
出版できたという達成感と、内容を病院関係者に読んでもらって社会貢献できたというのは、何ものにも代えがたい喜びです。

著者:佐々蔵翔人 様

■桃井家のフシギな物語(上)
Amazon ≫ https://www.amazon.co.jp/dp/4909566554/
楽天 ≫ https://books.rakuten.co.jp/rb/17137627/

■桃井家のフシギな物語(下)
Amazon ≫ https://www.amazon.co.jp/dp/4909566562/
楽天 ≫ https://books.rakuten.co.jp/rb/17145276/

出版形態:商業出版、POD出版

桃井家のフシギな物語・上巻

1)本を出版したいと思ったきっかけ

元々、大学時代に(別の大学で)落語研究会に入り学祭等でお笑いをやっていて、自分でネタ(文章・作品)を書いていました。
時は過ぎ、大学卒業後に就職したある日、何か自分でもできることはないかと考えていました。
その時に執筆活動していると面白くて楽しかったのを思い出し、自分の書いた作品を出版して一部分でも気に止めて欲しいと考えました。

2)玄武書房を選んだ理由

似たような原稿を別の出版社に送って、あとは振込と印鑑を押して郵送するだけで契約・・・。
そう思っていると、その出版社の方から「今回の話はなかったことに」という連絡がありました。
落胆していた自分は次がダメなら出版は諦めようと、藁にも縋る思いでいると玄武書房さんが見つかりました。
前の出版社で破談になった経緯を伝えると丁寧に答えて頂き、玄武書房で出版しようと決めました。

3)幸せメッセージ

私の原稿を送ると、この部分はこのようにした方が分りやすいと言ってもらいました。
自分では気がつかない視点があって確かにそっちの方がいいかもと思うことが沢山ありました。
今回、桃井家のフシギな物語を(長編のため)前後編という形で出版することになりました。
1冊にまとめるのが理想でしたが、断片的にも手に取ってよかったと感じて貰えたら嬉しいです。

著者:浅野訓正 様

住宅営業は家を売るな!
Amazon ≫ https://www.amazon.co.jp/dp/490956652X/
楽天 ≫ https://books.rakuten.co.jp/rb/17107789/

出版形態:商業出版、POD出版

住宅営業は家を売るな!

1)本を出版したいと思ったきっかけ

2016年に独立して営業研修がメインの仕事になったことと、知人がその時期に出版をしたことで自分の経験や伝えたいことを本にしたいと思いました。

2)玄武書房を選んだ理由

アメブロを読んでいたこともあり、問合せしたレスポンスも良く費用面でも良いと判断して選びました。校正作業も丁寧で感謝しています。

3)幸せメッセージ

本を出す方法は、私たち素人にとっては自費出版しかないと思っていましたが、オンデマンド出版により大きなリスクなく具体化できました。FBのつながりから思わぬ人が購入してくれたり、感想を下さったりしました。本を出すことなどは夢のまた夢と思っていましたが、「現実の一冊」になった幸せを今感じています。

著者:満月ミチル 様

アニマルアプリ
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566481/

出版形態:商業出版、POD出版

アニマルアプリ

1)本を出版したいと思ったきっかけ

私は仕事で小学生の子供たちと接しています。今の子どもたちは何に興味があり、どんな遊びをしているのか、自分が子育てしていた時とは違って、新たに気づかされて刺激を受けてます。
今のようなコロナ禍でなかったら、もっとお友達と自由に遊べるのに。“一人遊び”を余儀なくされる時代に、せめて絵本で楽しんでもらえたらという思いを込めて作りました。

2)玄武書房を選んだ理由

玄武書房さんで出版した人たちの記事を読み、決めました。
間違いなかったです!何もわからない、アナログなやり方の私は質問が多かったと思いますが、すぐに返事は頂けるし、とてもわかりやすかったです。
メールだけのやり取りなのに、まるで会話をしているようなアドバイスが届きます。
実際お会いしたことがないのに、人柄もわかってきます。

3)幸せメッセージ

初めて自分の作品が世に出て、嬉しいのとドキドキしている気持ち。
評価されるのは厳しいことですが、ポジティブ思考で、もう次回作の構想を練っていたりして。(テヘ)
イラストレーターさんが、私のイメージ通りに描いてくださって感謝しています。
玄武書房さんとまた一緒に仕事が出来ますように、心よりお祈り申し上げます。

著者:田中利秋 様

ストーリーで学ぶ会社の仕組み 会社で必要なことはこの本で学べる
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566309/

出版形態:商業出版、POD出版、表紙更新版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

定年後 MBAを取得し、あちこちの経営コンサルタントをさせて頂きながら、そこで用いた資料をファイリングしていました。
一方で 特に中小企業では、社員教育の仕組みがない、教育されていない、OJTがなされていない等の問題点を痛感していました。
また、現役時代に各方面の先輩諸氏から教えていただいた物の考え方を、このまま眠らせてしまうのも忍びないとも思うようになりました。
以上のような背景で、広く多くの現役の方々に色々伝えたい、さらに、本を出版したという自己満足も得たいという気持ちから出版しようと思いました。

2)玄武書房を選んだ理由

出版業界がどういうものかわからないまま、ネットで調べて企画書を送っていました。
通常、初版印刷部数が500部や1000部、新聞にも広告を出し、大型書店に並べますとの事を聞かされ浮いた気持ちになりました。が、費用が数百万円。売れずに残った本は、処分しかありません。
世の中で一日に出版される本の数の多い事や、私のような無名の人の書いた本がそんなに売れるわけがありません。
そんな時、玄武書房さんに出会いました。オンデマンド方式(受注生産)なので在庫を処分するなどの悲しいことはなく、出版という自己満足も満たされること、さらに費用が一桁安価であったことからお世話になる事を決めました。

3)幸せメッセージ

一番強く感じたのはスピード感です。どれだけの仕事をこなされているのかわかりませんが、質問に対する返信はほぼ24時間以内でした。校正原稿も、次のパートは、もうそろそろかなと思った頃に送られてきました。待たされることなく、急かされることなくスムーズに行きました。

著者:人見歌子 様

絵本つくりは思い出つくり
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566503/

出版形態:商業出版、POD出版

絵本つくりは思い出つくり

1)本を出版したいと思ったきっかけ

保育現場のたくさんの保育士に私の経験を通して伝えたい思いがあったから。

2)玄武書房を選んだ理由

商業出版がしたいと思っておりました。コンクールの応募や出版社に直接原稿を持って行くしか無いと思っていましたが、玄武書房さんにネットを通して巡り会え、何もなくても商業出版が出来る事を知り挑戦しました。文章の編集や組み立てなど、さすがプロと思う程、的確にやって頂き本当に満足しています。

3)幸せメッセージ

本を出版して保育士や保護者の方からの感動の感想が聞けました。できれば、全国の保育士に励ましが届けられるといいと思いました。

著者:上山遼 様

野良犬先生 -10年目の夢-
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566473

出版形態:商業出版、POD出版

野良犬先生-10年目の夢-

1)本を出版したいと思ったきっかけ

いつか自分の本を世に出したいという想いは学生時代から抱いていました。文字だから伝わる想いや、文字を通すことで届けることができる感動があると信じていました。

2)玄武書房を選んだ理由

本を出版したい人達にとっての最大の課題が、そこにかかる費用だと思います。オンデマンド形式で、費用を抑えながらも紙の書籍を出版できるということで玄武書房さんにお任せすることにしました。
書店に自分の本が並ぶということは、本を書く人達にとっての目標の一つだとは思います。しかし、ネットで買い物をすることが当たり前である今の時代だから、書店流通が無いオンデマンド形式でもデメリットと感じませんでした。

3)幸せメッセージ

自身の過去やその時々の内面を振り返ることで改めて、自分という人間がたくさんの人達の支えによって成り立っていることを感じることができました。また、自分の想いや感情を言葉で表現することの難しさ、そしてそれが少しずつ繋がり、一つの本として形になっていくことの喜びを知ることができたように感じます。

著者:今里茉莉奈 様

白バイさんのおしごと(お仕事絵本シリーズ)
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/490956649X

出版形態:商業出版、POD出版、ハッピー絵本プロジェクト

白バイさんのおしごと

1)本を出版したいと思ったきっかけ

今までは自分で本を作って、自分で通販をしていました。しかしその方法では数に限りがあるのと、値段が高く、読んでもらえる人がすごく限られていたのが難点でした。それを克服するには…と考えたのがきっかけです。

2)玄武書房を選んだ理由

自己発行の難点を克服するには、自費出版をまず考えていました。しかし自費出版するにもすぐに出せる費用が正直なく、他にも出版できる方法がないかと、探していた中に【ハッピー絵本プロジェクト】を見つけました。
LINEで早速問い合わせをさせて頂き、とても親切に対応して下さいました。ホームページからでも作家さんの心を大事にするのを感じたので、玄武書房さんでチャレンジさせて頂こうと思った次第です。

3)幸せメッセージ

私は警察が好きで絵を描いています。そして白バイ隊員さんがとても好きで、よく描いているので、好きな分野で出版が叶うことだけでも、とても誉れです!私の絵本を通じて、白バイ隊員さんの声が、子供だけでなく大人の心にも響くと。そして交通安全の貢献ができたら、もっとありがたいなと思ってます。

著者:小川翔護 様

作品タイトル:昭和ノ家に秘められた環境開運学の智慧 ~大いなる和のこころ~
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566457/

出版形態:商業出版、POD出版

昭和ノ家に秘められた環境開運学の智慧~大いなる和のこころ~

1)本を出版したいと思ったきっかけ

数年前から、日々感じたことや経験したことを綴っており、それらをまとめて、皆さまに発信したいと考えました。

2)玄武書房を選んだ理由

ブログにてつながり、ホームページから、華美ではない真摯な姿勢を感じ、「これだ」とすぐに決めました。

3)幸せメッセージ

作成作業は楽しく、あっという間に過ぎてしまいました。自分の頭の中やパソコンの中にあった構成や文章が、公の形になったことは、想像以上の喜びがありました。貴重な時間とお金を割いて、この本を読んでいただく価値があるか、今は自問自答の日々です。

著者:柴田大輔 様

作品タイトル:世界中に桜を植える活動のお手伝いをしている魚釣り整体師
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566422/

出版形態:商業出版、POD出版

魚釣り整体師

1)本を出版したいと思ったきっかけ

私が本を出版しようと考えた理由は、大変お世話になっている人からのアイデアで本を出したらどうかと言われた事がきっかけです。私自身では出版する事などは、まったく考えてもいなかったのですが、出版を考えるようになって、いろんな友人等に相談をしてみると、ほとんどの人が賛成をしてくれて、私としてもこれからの仕事にも繋げたいなと思い、それで出版をする事になりました。また、私としてはこれまでの自分自身の事を整理できて本当に良かったと思います。

2)玄武書房を選んだ理由

まず私が福岡に住んでいて玄武書房さんも福岡にあるので親近感があるので選ばせてもらいました。また、玄武書房さん以外の会社にも見積もりやいろいろ話も聞きましたが、値段は高かったですし、あとは在庫を初めから500冊も作ったり、あとはそれが売れ残った時の事を考えるとプレッシャーがあるのでそこは断りました。本の制作に入ってからは私が納得いくまで、させてくれたので出来上がった本には本当に満足をしています。玄武書房さんは絶対にオススメです。

3)幸せメッセージ

私は本が出来上がって一番に母親に渡しました。その時にうれしそうに私の本を読んでいる姿を見て、大変だったけど本を出して本当に良かったなと思いました。他にも私が本を出した事で周囲からの私の評価も上がったと思います。私としてはコロナ渦で何かしないといけないと思って本を出す事になりましたが、それも間違いではなかったと考えています。これから本を出してみたいと考えている方は、出版は思っているよりも大きな成果になったと私は感じているので、もし迷っているなら、とりあえず出した方がいいと思います。

著者:菊池すもも 様

作品タイトル:介護職にエール!-つらい・きつい・やめたい気持ちをリセット-
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566449/

出版形態:商業出版、POD出版

介護職にエール

1)本を出版したいと思ったきっかけ

長年、介護業界に身をおく中で、介護職が次々と辞めていく現状を目の当たりにしてきました。
また介護の仕事は3Kとも言われ、一般的にイメージが良くないことも残念に感じていました。
その一方で、介護の仕事には、この仕事でなくては味わうことができない嬉しさや楽しさ、醍醐味などがあります。
介護職が仕事の楽しさにあらためて気が付いて、介護の仕事に誇りを持ってほしい、そんな思いから出版を考えました。

2)玄武書房を選んだ理由

当初は書店に自分の本を並べたいと思い、いくつかの出版社にあたりましたが、私自身が何の実績もない素人で、そのハードルが高く難しさを思い知らされました。
その後、オンデマンド出版を検討しました。玄武書房様は気になっていたのですが、ホームページやブログを読むと厳しそうなイメージがあり、最初は躊躇していました。思い切って問い合わせをすると丁寧に対応してくださり、メールでのやりとりから信頼できると感じてお願いすることに決めました。
実際に出版までの過程でも大変丁寧に対応してくださいました。要所要所で私の希望を尊重してくださり、的確なアドバイスをいただけたので、安心して進めていくことができました。

3)幸せメッセージ

自分の思いが文章になり本になり残すことができたことは本当に嬉しいです。本を手に取った方に私の思いが少しでも通じて、何かしら“いい気持ち”になってもらえたら幸せです。
玄武書房様が私の希望をくみ取ってくださり丁寧に進めてくださったので、思っていた以上に素敵な本ができたことが嬉しく、本当に感謝します。

著者:村尾和俊 様

作品タイトル:訪問介護あるある-法律トラブル13事例
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566368/

出版形態:商業出版、POD出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

医療機関に所属し、在宅のケアマネジャーとして様々な経験を積ませていただいております。一方で、新型コロナの感染拡大の前から、専門職の方々や一般区民の方々を対象に医療、介護、法律の講義をさせていただいていました。その中で、同じ質問や、異なる解釈をされている方が一定程度おられました。特に高齢者世帯で生活している利用者にとっては、情報を伝えて下さる介護福祉士や看護師、ケアマネの存在は特別です。それだけに専門職である彼らが間違った解釈をしたまま高齢者に伝えるのだけは避けたいと思い、常に情報発信をしておりました。当初はネットで発信しておりましたが、同じ情報を伝える媒体であっても、本の方がネットよりも信用度が違います。重いのです。そこで本を出版しようと思いました。

2)玄武書房を選んだ理由

低価格であることと、やりとりが丁寧であるという評判があったので選びました。応募要項を見て自分の企画では通らないのではないかと思いましたが、その点を正直に申し上げたところ採用をしていただき無事出版となりました。
他の方々も書かれておられましたが、やりとりが非常に丁寧で、こちらの要望に応えて下さる努力をして下さいます。特に私は、出版業界とは異なる医療福祉と法律業界に所属しており、出版業界の慣例も何も知りませんでした。ですから、デザインであったり書籍の大きさであったり、イラスト等、右も左も分からない中で、今後のブランディング育成の方法等をも含めナビゲーションして下さり感謝しかございません。

3)幸せメッセージ

大手のネット通販に自分の名前で本が販売されていることを知人から知らされた時は驚きと同時に喜びでもありました。これは今まで全く味わったことのない興奮と体験でした。また、知人は揃って喜んで下さり、本を現場で活用するという嬉しいコメントも頂きました。これはこの本の出版の本来の目的であり、喜びであります。また、専門職として関わりをもつ方々のお役に立てることは幸せでもあります。既に、更に詳細な内容の本が欲しいと要望も頂いており、次の作品に着手しているところです。このような嬉しい要望を頂けるのも、この度の出版のお蔭であると感じております。

著者:源氏蛍 様

作品タイトル:天国と地獄 ~社会派弁護士の半生~
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566295/

出版形態:商業出版、POD出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

自分の人生を出版することには以前から興味がありましたが、ある本を読んだのがきっかけです。その本には、「誰でも1冊の本が書ける。それは自分の人生を書くことだ。面白い人生を送ってきた人ほど面白い本が書ける。」と書いてありました。私の人生は波瀾万丈でしたので、自伝的小説を書いてみようと思いました。

2)玄武書房を選んだ理由

最初は大手出版社と話をしていましたが、出版費が250万円と高額でアドバイスも抽象的でした。見切りをつけて他の出版社をネットで探してみました。他にも印税50%で出版費60万円というところがありましたが、玄武書房さんにこれらの出版費の違いや、印税の違いについて率直に尋ねたところすぐに納得のいく答えが返ってきました。玄武書房さんは書店営業をしないオンデマンド出版であるから低額の出版費用でできること、印税50%のところは監修や編集作業を一切行わない印刷工場のようなところであること、を教えてもらい実際にそのとおりでした。
そこで玄武書房さんを選ぶことにしました。監修・編集作業は細かなところまで迅速に見てもらい、また、表紙については私の注文に対してカメラマンによる撮影をすることになり費用がかかったにも拘わらず追加費用の請求もなく、良心的なところだと思いました。

3)幸せメッセージ

本を読んだ色々な人に私の人生を深く知ってもらい感想を寄せてもらうのは楽しいことです。自分としても、自分史的なものを本の形でコンパクトにまとめて後世に残すことができ幸せを感じています。

著者:古井戸泰山 様

作品タイトル:私は新型コロナの感染者です。~想像力の欠如した未熟な人たちへ~
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566252/

出版形態:商業出版、POD出版

新型コロナ対策ワクチンPCRキット

1)本を出版したいと思ったきっかけ

最初はコロナという新たな感染症に対しての『個人の意識向上』が目的でした。
現在の専門家と呼ばれる人がたちが真実を伝えているとは限らない現状を感じていましたので、私なりに「誰でもわかる」レベルで伝えるべきだと考えました。
ただ原稿を書いているうちに、正しい知識を持っていない人がこんなに多いのだという現状も再認識できましたのは嬉しい誤算です。

2)玄武書房を選んだ理由

多忙な生活のなかでメール等のウェブ上での打ち合わせが便利だと感じました。
また費用面でも格安だと感じましたし、しっかりとしたサポートも期待できました。
あとは監修面でも可能な範囲ですが、私の原稿に関して調査などもしていただけたのも良かったです。

3)幸せメッセージ

出版する以前も以降も、何かを正しく伝える手段として『書籍』は有効だと感じています。
今回の出版において、何を伝えるべきかを取捨選択していく作業は自分の成長にもつながりました。
あと、やはり電子書籍だと価値が低く感じられるので、リアルな紙の本は良いですね。

著者:橋本裕子 様

作品タイトル:ずぼらボディメイク ~ノーリバウンド最強説~
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566236/

出版形態:商業出版、POD出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

続けてきたブログではお伝え出来る事に限界を感じていました。話題を細切れではなく、まとめて伝えられると理解度と行動へも簡単に進むのではと思っていました。

2)玄武書房を選んだ理由

ブログやメニュー紹介を拝見し、私の問題や課題も把握にも繋がりそうだと感じお願いしたくなりました。メールのやり取りで完結できるのも、私にはとても魅力的でした

3)幸せメッセージ

まず出版の知識がない私が出版が出来た事自体に幸せを感じています。そして本が出来た事で、私の仕事に興味を持って頂く機会が増え会話が進み易くなりました。
会話の説明だけでは、やはりお伝えしきれない事が多過ぎ、私自身も途中から諦めモードへ入っていたので本の存在はとても助かっています。ありがとうございました。

著者:狩野俊介 様

作品タイトル:クライシス・プラン 実践ガイド -精神障害者の地域生活を支援するための新たなケア計画-
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/490956621X/

出版形態:商業出版、POD出版、学術書出版

学術書出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

本書は、博士学位論文を学術書として改稿したものです。学位論文を執筆できたこと、学位を得られたことに満足していましたが、さらなる欲として少しでも多くの方の目に触れ、手に取っていただきたいと考えておりました。また周囲の方々からの出版のすすめにも背中を押されたとともに、記念出版ではない「広く読まれる可能性のある学術書」という玄武書房のフレーズから出版したいという思いをさらに強くしました。

2)玄武書房を選んだ理由

「ダントツで安い」ことが決め手でした。正直に言うと玄武書房に依頼する前、私は学位論文の出版について複数の出版社に相談していました。
学位論文を学術書として出版する場合、専門性が高く、商業性に劣ります。そのため、その多くが自費出版として助成を受けながら出版に漕ぎつけることになります。ただし、助成を受ける機会を逃した場合には、全てを自費で賄わなければなりません。
その場合、どの出版社も高額であり、大学院を修了した間もない時期の私にはとてもハードルが高いものでした。
玄武書房の学術書出版では「安く出版したい」という最も優先すべきニーズに合致したサービスでした。書店に並ぶ・ハードカバーといった点は二の次でしたし、割引があることからも迷う理由はなかったです。

3)幸せメッセージ

学術書の内容が、その分野の時季に沿ったものであったため、少しでも早く出版したいと考えていました。そうしたなかで玄武書房の対応はスムースであり、目指した時期に出版することができ、とても満足しています。
学術書として出版できたことが一つの形が残せたと感じており、うれしく思っています。

監修:ビッグカツくん

作品タイトル:ビッグカツアレンジレシピ本
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566201/

出版形態:商業出版、POD出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

ビッグカツを初めて食べたきっかけを調査したところ、「お父さんからもらった」という回答が圧倒的に多いことが分かりました。もともとは串に刺さったビッグカツを、お酒のおつまみとして酒卸店や珍味屋さんで販売していたのが始まりです。それを子供たちが同時期に食べ始め、駄菓子屋さんやスーパーでの商流が始まり、一気に全国規模の子供のための商品となりました。
今、駄菓子屋さんの数は減っている中でもう一度駄菓子の役割を考え直し、時代に合った展開をしていかなければなりません。そこで考えたのが原点回帰、「家族の団らんをより豊かなものにしたい」ということでした。アンケートに答えて下さった「お父さんからビッグカツをもらった」方は、お菓子を通じて対話や笑顔があったのではないでしょうか。それが出版のきっかけです。

2)玄武書房を選んだ理由

商業出版ができる出版社さんを探している時に、最初にヒットしたのが玄武書房さんでした。
やり取りも非常にスムーズで丁寧に進めていただけ、安心できると思ったので選ばせていただきました。
また書店に並ぶことよりも誰でも買える場所にあることの方が重要だと考えていましたので、アマゾンで在庫を持たない販売も特にデメリットとは感じませんでした。

3)幸せメッセージ

出版するまでに多くの方と一緒に取組みが出来たこと、そしてその結果が「書籍」という形で世の中に出せたことは非常に大きいな喜びを感じています。
またご協力して下さった飲食店さんの、ほんの少しではありますがお力になれたらと思います。

著者:壬生雅穂 様

作品タイトル:ミチューリン会機関紙に見る農業技術運動の展開と変容
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566163/

出版形態:商業出版、POD出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

50歳を過ぎて通信制の大学院を修了し、その修士論文を出版したいと思いました。このテーマは大学時代(こちらも通信制でした)の卒業論文から追い求めており、他に研究者があまりいないことを知っていましたので、世に問う価値はあると思いました。

2)玄武書房を選んだ理由

費用が安いことと、本(出版)に対する熱意です。
費用は、原稿があれば安くなるということで、すでにできていた修士論文をほとんど直さず出版できました。
また、会社のホームページから自費出版に対する熱い思いが伝わったので、出版業界に詳しくないわたしもお任せする気持ちが固まりました。

3)幸せメッセージ

論文を書くにあたり、多くの方にお世話になりました。その方々に自著をお送りしたところ、さまざまな反響をいただきました。
本を書くというのは孤独な作業ですが、必ず支えてくれる人がいます。出版することで、いろいろなつながりが自分を助けてくれていることに気づくでしょう。

著者:河野和之 様

作品タイトル:ゴルフレッスン本 ~ハンデ14からハンデ0までの軌跡~
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566155/

出版形態:商業出版、POD出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

私がゴルフを上達する過程で、多くの壁にぶつかり上達を阻まれました。私は、スポーツ選手としては体に恵まれていません。むしろ、並み以下だと思います。
そんな私が、目の前に立ちはだかる、大きな壁を少しずつ登りやがて克服してという事を繰り返して、ゴルファーの夢「ハンデ0」に到達できました。
私の様な、条件に恵まれない人間でも、諦めずに日々少しずつ努力をする事で、小さなヒントを見つけ、やがて、難問も克服する事が出来るという事を多くの人に知って貰いたかったのです。それに、上達出来ずに足踏みをしている方のお手伝いが出来ると思い宣伝を兼ねて出版を考えました。
その多くの難問を乗り越えて来た事が、自分の生き方にも大いに影響して、何にでも挑戦してやろうと思う心が出来ました。

2)玄武書房を選んだ理由

私は、玄武書房様から出版する前に、電子書籍で12冊出版していました。それは、多くの出版社に企画書を出しましたが、どの出版社からも採用されなかったからです。
多分、企画書を読んでもいただけていなかったと思います。その為、自力で出来る電子書籍を自分で出版しました。しかし、願望として、いつかは紙の本で全国の書店に並べるという希望を持っていました。そんな、私の夢を叶えてくれた玄武書房様には感謝しております。
オンデマンド方式なので、全国の書店には並びませんが、オンデマンドという本の在庫を持つ必要のない方式は、本の出版に携わる多くの方にメリットがある方式だと思います。
この方式ならば、本を出版したいという希望をもっても実現できなかった人達の夢を叶えてくれる方式だと思います。玄武書房様には感謝致します。

3)幸せメッセージ

本を出版するという事は、大変な事です。
文章を書くのも大変ですが、それを出版するとなると皆目見当もつきません。
それを、実現させてくれたのが玄武書房です。

著者:小星記談 様

作品タイトル:水商売の七変化 ~昭和から平成の実話~
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566147

出版形態:商業出版、POD出版

ゲイホテル千雅

1)本を出版したいと思ったきっかけ

水商売と言うと夜の仕事とか、どちらかと言うとあまり良いイメージが持たれず、日陰のイメージでしたが、父親の水商売の意味は必ずしもそう言う意味ではなく、とても納得のいく意味でした。
お客様は「器」で、サービス提供者が「水」それこそがサービス業の理念で、サービス業は「水」に成りお客様の「器」にピッタリと同じ形になる。だから水商売と言うんだよ。
父親の人生は水商売そのもので、私も生まれてから殆んど水商売の世界で生きてきました。私が今まで生きて来た経験と父親の人生の生きざまを書籍で残したいと思っていました。しかし自費出版をするのには難しく諦めかけていました。

2)玄武書房を選んだ理由

諦めかけていた本にして残したいという願望は捨てきれず、本の発行を色々と検索しているときに玄武書房さんのホームページを見つけ驚きました。
そんな方法が有るのだと。早々に内容や方法などのメールを送信すると直ぐに返信を頂きました。そのメールのやり取りでこの出版社だとお任せが出来ると確信しました。そのメールには心を感じたのです。

3)幸せメッセージ

現実に本が出来上がり感動しました。内容は父親の人生と私の今までの経過と単なる時系列ですが、その中には人間が生きて来た人生が有り昭和と平成を生きた親子が居ます。昭和、平成と時代は急速に変わりました。新しい進歩も大事ですが、少し後退してみるのも進歩ではないかと思います。
これから先の未来は誰にも見えませんが、これから先の未来は人間の心と幸せのある人間らしさを忘れないでほしいと感じます。玄武書房さんには夢を現実にしていただき感謝いたします。

著者:新堂葵緒 様

作品タイトル:精神的DVに気づいた日-モラハラ夫からの逃亡記
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566139

出版形態:商業出版、POD出版

精神的DV、モラハラ夫

1)本を出版したいと思ったきっかけ

苦しい毎日を送っていても苦しいとも気付かないで毎日がんばって過ごしていらっしゃる人に、自分の経験を通して、少しでも現状に気づいていただき気持ちが楽になる方に進んでいただきたいと思って出版を考えました。

2)玄武書房を選んだ理由

まず初めに私が問い合わせをした時に、すぐに丁寧にわかりやすい内容のお返事をいただいた時に、とても好感を持ち信頼できる方だと思ったことがきっかけです。
契約を決めるまでのやりとりでも、とても真摯にお答えくださり、私の思いを汲んで出版していただけると確信いたしましたので出版させていただくことにしました。

3)幸せメッセージ

自分自身に起こっていたことを思い出しながら、整理して書くことで何をお伝えしたいかがよくわかりました。出版をすることで自分自身を思い返し、読んでくださる方が幸せになるお手伝いができれば私も幸せです。
読んでくださる方とのご縁に感謝いたします。それもこれも、多大なるご協力を得て出版をしていただいた玄武書房さんのおかげです。玄武書房さんとのご縁に感謝いたします。

著者:YK先生 様

作品タイトル:掛け算九九10の段がパッと閃く!魔法のYKメソッド
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566112

出版形態:商業出版、POD出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

1冊目の本は実は他社様から出させてもらっていました。その後にその内容とは異なる本のアイデアを思いついたときが、ちょうど新型コロナウイルス感染症の影響で子供たちの学習時間が減ったことが危惧されたためです。

2)玄武書房を選んだ理由

地元が福岡の近県であったことと、休日でも対応してくださるということから、出版のしやすさに魅力を感じたのが大きかったです。

3)幸せメッセージ

カラーページが豊富であり、構成も自分が出したい内容とおおむね一致していたので大変満足しています。可能であればもう一冊出してみたいですね。本当にありがとうございました。

著者:おざわせいこ 様

作品タイトル:ハローこちらジュニア探偵銀河局
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566104

出版形態:商業出版、POD出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

私は小さい時から本を読むのが大好きでした。小学生の頃は自宅の風呂を焚き木で沸かしてました。実家が商店だったので、紙くずや木っぱしがたくさん出て、それを燃やして風呂を炊いたのです。
私は本を読みながら、風呂を沸かしていました。しかし読書に夢中になり、何度も火がなくなっていました。また1ページ目を開いたら、最後のページまで読まないと気が済まず、徹夜になる時もありました。そんな事から、詩を書いたり、文章を書くのも好きになりました。
私はドイツに住んでたのですが、2011年3月11日、東日本大震災の時、たまたま実家の岩手におりました。その後、2012年、脳梗塞を患いリハビリ入院していた時、リハビリの一環としてペン持ったのです。

2)玄武書房を選んだ理由

私はドイツに在住しており、ネットで玄武書房さまを知りました。
問い合わせたら、すぐご返事いただきました。本当に感謝感激です。
お会いした事はなく、ドイツからのネットだけなのですが誠実な対応をすごく感じました。
そして、発刊の了承を得る事が出来ました。
下記3にも通じる事ですが、素晴らしい玄武書房さまです。
毎回、質問には真心の即答をいただきました。校正、表紙の装丁、挿絵の配置など仕事が完璧です。ドイツ人の何人かにも見ていただいたのですが、みなさん「素晴らしい!」とお褒めの言葉でした。日本人からも、表紙や挿絵がはっきりと写っていて素晴らしいとの評価をいただきました。
これからもずーと玄武書房さまの出版を希望しています。次回はドイツ人もわかる言語の本で。

3)幸せメッセージ

私はドイツ在住で、孫の母親はドイツ人、同居はしていません。
私は72歳で、2度の脳梗塞を患いました。
孫とのコラブレーションで、孫の挿絵の創作童話を出版し、いつまでも残ります。
大きくなった孫が「これが日本人のおばあちゃん」だと記念にもなり、覚えておいてもらえる幸せ、喜びがあります。
そして、この日本語の創作童話を読んで、日本語を理解できるようになってほしいとの未来への夢もあります。

著者:中川雅博 様

作品タイトル:「職場のストレス」を和らげる法律のお守り
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566082

出版形態:商業出版、POD出版

職場ストレス

1)本を出版したいと思ったきっかけ

私は、社会保険労務士という法律にかかわる仕事をしています。社会保険労務士は、8士業とよばれる法務業のひとつで、弁護士、司法書士、税理士、弁理士、土地家屋調査士、行政書士、海事代理士の仲間です。お気づきのとおり弁護士や税理士と比べると、知名度が低い士業です。
一方で、社会保険労務士は社労士と呼ばれ、最近になって注目されている法律家です。その理由は「政府が進める働き方改革」を直接に扱う専門家だからです。もっと、社労士が皆さん身近な存在になってほしいとの願いから出版を目指しました。

2)玄武書房を選んだ理由

私は、社労士の仕事がよくわかるように、日本に400万社ある中小企業の経営者に向けたハウツー本を書こうと思っていました。なぜなら、多くの中小企業の社長が、労働保険や社会保険の複雑な制度に四苦八苦しているのを知っていたからです。しかし、玄武書房さんの提案は、まったく違うものでした。そして、これが玄武書房さんにお世話になろう、と私が決めた決定打となったのです。
経営者は400万人、そこで働く人は6000万人。「職場のストレス」を和らげる法律のお守りを創りましょうと。そして、そのアイデアがそのまま本書のタイトルとなったのです。働く人の視点をできるだけ多く取り入れ、そして、経営者に近い管理職になったときに役立つ情報も含められたのは、玄武書房さんとご縁があったからにほかなりません。

3)幸せメッセージ

本書は、労働基準法や労働契約法など「労働関係法」の基礎をみなさんに提供しています。そして、著者である私しか知りえなかった情報を盛り込みました。裁判傍聴や、社労士として実際に体験した労働トラブルを記すことができました。これらは、ほかの書籍には記されていない本書のオリジナリティです。
読者の皆さんに「きっと喜んでいただける」。出版を通して、そのように確信を持てたことは、執筆前に想像していた以上の喜びでした。改めて、共に本書の刊行にご協力いただいた玄武書房さんには御礼申し上げます。

著者:有賀正彦 様

作品タイトル:できるビジネスマンのマネジメント本
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066

出版形態:商業出版、POD出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

日常の業務活動(経営コンサルタント)を通じて経験した、20代、30代の管理職または管理職予備軍のビジネスマンの悩みに対する「処方箋」を一冊の本にまとめ、多くの方に読んでいただきたいと思ったからです。また、ニュースになった企業不祥事などマネジメントに関する話題を取り上げることで、読者の皆様に「マネジメント力を向上させる」一助になればと考えました。

2)玄武書房を選んだ理由

私はこれまで、商業出版はもちろん、共同出版や自費出版という形式での出版経験があります。今までの経験上、共同出版や自費出版だと、出版社側に甘えが生じるのか、校正作業にはしっかり時間を費やしていただけるものの、中身に関しては「一緒になっていいものを作る」という精神がやや希薄な印象があります。玄武書房さんは、本の構成はもちろん、内容についても意見を数多く上げていただき、本づくりに対する熱意を感じました。また、玄武書房さんの特徴は、4大全国紙など大手メディアを使った宣伝や大型書店に大量に配本して書店訪問したお客さんの目に留めるという情報宣伝方法ではなく、検索ワード、SNSなどを使ったネットメディア戦略でマーケティングを考えている点も玄武書房さんを選らんだ決めてです。さらに、書籍の特性より、ロングテールなので、書籍形式がオンデマンド対応で、在庫切れがないという点も魅力です。

3)幸せメッセージ

玄武書房さんで出版させていただいた直後なので「できるビジネスマンのマネジメント本」では、まだ、実経験が乏しいですが、自著を電車で読んでいる人を見かけたり、Amazonや他の書籍レビューサイト、ブログなどのSNSで話題にしてもらったり、国立国会図書館に保存されていると、喜びを感じます。また、メルマガやSNSを通じて読者の方から本に関する感想をダイレクトメッセージをいただく機会もありますが、そんな時は「出版してよかった」と幸せを実感します。

著者:金本友孝 様

作品タイトル:苦しくならない聖書の本 ~福音の真理・命を守りたくて~
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566058

出版形態:商業出版、POD出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

私は牧師ですが、「キリスト教の教え」が「キリストの教え」とは違ってるという、恐るべきことに気付き、何とかしなければと思い、この本を書き始めました。そして、「教会のカルト化」ということが一般社会においても大問題となっている今だからこそ、僭越ながら、宗教改革の重い扉を開くために、何としても、この本を出版したいと思いました。

2)玄武書房を選んだ理由

それまで、いくつかの出版社に当たって、商業出版契約の話がまとまりかけていた所もあったのですが、最終的に、玄武書房様にお世話になることに決めました。決め手は、オンデマンド出版です。実は、2002年に出版された私の自叙伝『明日はどっちだ』(フォレストブックス)が、今は版元在庫切れで、新品はほとんど手に入らず、2013年に出版された『明日は来るのか』(いのちのことば社)は、在庫が余ってるという、どちらにしても残念な状態なのですが、その点、オンデマンド出版は、在庫切れも在庫を抱えるリスクも無い、とのことで、この方式が自分にとっても最良だと思いました。

3)幸せメッセージ

過去2冊は、キリスト教出版社からでしたが、今回は一般の出版社からの刊行ということで、もしかしたら、これで「作家」を名乗ってもいいかな?と3冊目にして思えるようになりました。と言うのは半分冗談ですが、少なくとも、私が玄武書房様を選んだと言うよりも、逆に、選んで頂いた(キリスト教出版社ではないのにもかかわらず、こんな本を出そうと思って下さった)ということを感謝し、喜んでいます。

著者:冬野鈴蘭 様

作品タイトル:レディバード -解離性同一性障害を越えて-
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/490956604X

出版形態:商業出版、POD出版

レディバード

1)本を出版したいと思ったきっかけ

自分が残したいと思うものを、後世に残すことが出来る…確実にその証を残せるという理由です。自分の書きたいストーリー、内容をカタチにして残すことは、本を出版する大きな意味になります。

2)玄武書房を選んだ理由

玄武書房さんのホームページを見て、引っ込み思案の自分でも、何とか自分なりの一歩を踏み出すことが出来るかもしれないという印象を持ちました。そうして資料請求すると、すぐに送って頂けたので、熟読し、自分の中でも、ここは信頼出来るかもしれない!という確かな手応えが、お世話になるきっかけとなりました。

3)幸せメッセージ

拙作ではありますが、出版が決まってからというもの、日々の向き合うこと全てが幸せに感じました。どなたかの手に届き、それがほんの僅かでもプラス的な面を持ち得ることできるとしましたら、それはもう望外の喜びであります。玄武書房さんとのご縁にも感謝申し上げます。

著者:清掃氏 様

作品タイトル:国立大学卒トイレ清掃員 ~純情見習い編~
作品リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566015

出版形態:インフルエンサー出版、POD出版

1)本を出版したいと思ったきっかけ

ブログを書き進めていく中で、紙の本として残したいという思いが日増しに強くなっていきました。続きはどうなるのか?どんな言葉が返ってくるのだろう?読み手と書き手の思いを画面のスクロールではなく、ページをめくるという動作を通じて交差させたいと思いました。そんな時間は電子書籍では作れません。

2)玄武書房を選んだ理由

著者の思いを汲み取ってくださる土壌があると感じたからです。もちろん、それは書きたいことだけを書くという意味ではありません。一つ一つの言葉に込めた思いやその背景を著者と編集者が共有することで、文字の重みは大きく変わっていくはずです。

3)幸せメッセージ

大切な人に贈り物として届けられたことです。インターネットの画面は郵送できません。封を開けて本を手に取った時、どんな気持ちになるのだろう。それを考えるだけで幸せな気持ちになりました。