自費出版【福岡県】費用も比較しやすい出版社一覧

ここでは福岡にある出版社を一覧にまとめています。また福岡で本を作りたい(出版したい)と思っている場合、その費用と相場についても可能な限り調べてみました。あわせて出版社を選ぶポイントなどもお伝えできればと思います。

<目次>
・【全国版】自費出版費用と相場
・福岡の出版社選びについて
・福岡県の出版社一覧(紹介と費用)
・費用不明な出版社一覧

【全国版】自費出版費用と相場

基本的に自費出版の費用は「出版社の大きさ」と「著者の目的」によって変化します。著者の目的によって、大まかな部数や流通方法が見えてきます。

<出版社の大きさ>

誰もが知っている大手出版社でも“お金”を出しさえすれば自費出版も可能ですが、大手から出版したところで売れるとは限りません。と言いますか、ほとんど売れませんので、印税等での回収は不可能と言っても過言ではありません。

・超大手の出版社:約200万~500万円
・中堅どころの出版社:200万円
・知名度の低い出版社:50~100万円

知名度が低いと言っても、本のクオリティが低いという訳ではありません。あなたの目的に合った出版社を選ぶことがポイントです。資料請求などをして、ご自身の目的(効果)とその費用を比較してみてください。

<著者の目的>

・親族で所有するため:約10~50部(単なる本の製造)
・一般の読者に届けたい:約1000~2000部(商業出版)

<現状確認>

・原稿はデータで編集などは一切不要:追加費用なし
・原稿はデータだが編集などは必要:追加費用10~30万円
・完成原稿がない::追加費用10~30万円
・原稿は手書きである:文字数×0.5~1円程度の費用が追加

福岡の出版社選びについて

福岡の出版社については、自費出版を扱っているところは多いとは言えません。やはり東京や大阪に比べると、福岡の出版社の数は限られてしまいます。その分、地域に密着した出版社とも言えますので、あなたの求める本を作ることはできると思います。

まずは出版社の一覧を確認する前に、あなたが本を作る目的を改めて考えてみましょう。その目的によって、必要な部数と必要であれば販売ルートなども見えてくると思います。これによって、福岡の出版社一覧のなかから、自分の目的に合った出版社が探せると思います。

<親族で所有する>

家族構成(福岡だけでなく他県を含む)にもよりますが、部数は30~50冊もあれば大丈夫でしょう。もし原稿データがあっても書籍にするのは「どうすれば良いのか?」と迷うかもしれません。出版社よりも印刷会社に依頼するという方法もあります。しかし、印刷所では出版社のような編集作業はしてくれません。

<一般の読者に届けたい>

大雑把に言いますと、すでに原稿があって、それを監修なしに“ただ印刷するだけ”なら格安で出版することができるのです。ただし、プロの監修のない書籍のクオリティは低いので、仮に読まれたとしても「読者に何も伝わらない」可能性が高くなります。

<福岡の出版社を選ぶポイント>

1.出版する目的と費用を比較してみましょう!
2.原稿のアドバイスや編集をしてくれるか?
3.その担当者が誰になるのか?(信頼性)

福岡県の出版社一覧(紹介と費用)

今回の出版社一覧に関しては「自費出版」を扱っている出版社のみを紹介していきます。もし、あなたの目的が自費出版でないのであれば、他にも福岡の出版社があると思います。

また安全性と公平性を保つために“明朗会計”の出版社のみに絞り、大体200ページ程度の本を作るときの『最低価格』を表示しています。下記の費用は「目安」であり基本的には税別表記になります。

出版社名:玄武書房

一般的な自叙伝(自費出版)との相違
当サービスの「自叙伝」とは、著者の人生を綴ったもの、価値観を伝えるもの、体験や経験をまとめたものなど広...

紹介:福岡市城南区にある出版社。自費出版と商業出版ともに扱っています。自費出版に関しては「親族の保管用」と「商業出版」のどちらも可能です。また個人事業主向けのブランディングを目的とした出版に強いです。また家族向けの丁寧親切な本作りが人気です。

<家族保存用の自費出版>
費用:18~28万円
部数:30部(増刷可能)

<商業出版型の自費出版>
費用:36万円
受注生産なので部数制限なし
★プロの監修による商業出版★

<連絡先>
092-231-8318(外出が多いため下記へ)
090-6533-3700(担当:シン/受付時間10時~20時まで)

出版社名:株式会社西日本高速印刷

https://www.nnki.co.jp/publishing/

紹介:福岡市中央区にある出版社。学研マーケティングと提携して自費出版を行っています。たった1ヵ月間にはなりますが大手の書店(紀伊国屋)にも並びます。会社名は似ていますが「西日本新聞社」とは全く関係はありませんのでご注意ください。

<家族保存用の自費出版>
詳細不明
(下記の商業出版と同価格かもしれません)

<商業出版型の自費出版>
費用:145万円
部数:300部

<連絡先>
092-531-1766(営業時間:日中)

出版社名:海鳥社

http://kaichosha-f.co.jp/private-publish

紹介:福岡市博多区にある出版社。商業出版については可能ですが、金額等の記載がないので別途費用が発生すると予想されます。プロモーションなども含まれてくると費用が高額になる可能性があるので、かならず事前に確認をしてください。

<家族保存用の自費出版>
費用:140万円
部数:200部

<商業出版型の自費出版>
委託により商業出版も可能
※費用は不明

<連絡先>
092-272-0120(営業時間:日中)

出版社名:有限会社櫂歌書房

http://www.touka.com/jihi.html

紹介:福岡市南区にある出版社。さまざまな出版形態に対応可能です。教科書や学術書などの出版に力を入れているように見受けられます。福岡の出版社にも特色があるので得意とする分野があります。本の内容が堅めの本を作りたい人に向いていると思います。

<家族保存用の自費出版>
費用:117万円
部数:300部

<商業出版型の自費出版>
商業出版の費用は不明
上記の金額に含まれている可能性があります。

<連絡先>
092-511-8111(営業時間:日中)

費用不明な出版社一覧

福岡の出版社で費用(目安)の記載がない出版社一覧です。正直、本はページ数や紙質、表紙や各種仕様によって価格表記というのは難しいです。しかし、参考価格すら表示していないのは何かしら他に理由があるかもしれません。事前にお問い合わせをしてご確認ください。

おそらく高額な費用がかかる出版社がほとんどだと思います。どちらかと言えば、下記にある印刷会社の方が価格的には安上がりになります。ただし、書籍としてのクオリティを維持するには印刷会社よりも出版社にお願いする方が堅実だと思います。

▼弦書房:福岡市中央区/092-726-9885

▼花乱社:福岡市中央区/092-781-7550

▼幸文堂:北九州市戸畑区/093-555-1385

▼梓書院:福岡市博多区/092-643-7075

<以下、印刷が主体の会社>

▼西日本新聞印刷:福岡市博多区/092-611-4431

▼小林印刷株式会社:福岡市博多区/092-411-2246

▼株式会社ミドリ印刷:福岡市博多区/092-441-6747

▼エース印刷株式会社:福岡市中央区/092-741-9090

玄武書房の自費出版について

出版に関するアレコレまとめ