自費出版【香川県】費用と相場を比較しやすい出版社一覧

香川県で自費出版をしたい人向けの情報として出版社を一覧にしています。詩集や句集のような趣味に関する出版をしたり、自叙伝や家族史など継承するための出版であったり、それぞれの目的に合わせた自費出版を紹介していきたいと思います。

<目次>
・香川県の自費出版の相場
・自費出版の目的について
・香川県の出版社一覧(紹介と費用)
・費用不明な出版社一覧

香川県の自費出版の相場

最初に全国の大まかな相場を把握しておきましょう。関東、関西、四国、九州など地域によって自費出版の相場は変わります。必ずしも東京や大阪のような大都市が高額というジャンルでもありません。その地域の出版社の数や需要も影響してきます。

<全国の自費出版の相場>

・超大手の出版社:約200万~500万円
・中堅どころの出版社:200万円
・知名度の低い出版社:50~100万円

香川県では大手出版社はありません。基本的には中規模な出版社や主業務が印刷という会社が多くなりますが、あなたの目的に合わせて選ぶのが良いと思います。またページ数やカラー、紙の素材などによっても費用は変動しますので、事前に見積もりを取りましょう。

ひとまず香川の相場としては、家庭や身内が読む保管用の本であれば【20~50万円】程度で、不特定多数の読者が購入できる商業出版であれば【50~150万円】程度になると思います。商業出版に関しては、それぞれの条件も大きく異なりますので事前に確認してください。

<自費出版の目的>

・保存用なら約10~50部(多すぎると在庫管理が必要)
・商業出版で約1000~2000部(+30~100万円)

<現状確認>

・原稿はデータで編集などは一切不要:追加費用なし
・原稿はデータだが編集などは必要:追加費用10~30万円
・完成原稿がない::追加費用10~30万円
・原稿は手書きである:文字数×0.5~1円程度の費用が追加

自費出版の目的について

<家族や親族に伝えたい>

こちらは【保存用】として出版をする場合になります。例えば、家族や親族向けにご自身の経験や伝えたいことをまとめたり、家族の伝承など継承すべきことを書いたり、出版した本は身内の皆さんに配って保存するようなパターンです。

他にも趣味でやっている俳句や詩を一冊の本にまとめたり、日記やエッセイのような日々の想いを出版したりする人も多いです。基本的には、形式として「本」の形をしていれば、どのような内容でも問題ないと思います。自己の楽しみとしての出版です。

<多くの読者に伝えたい>

いわゆる【商業出版】になるので、出版の先に「見ず知らずの読者」が存在します。読者はお金を支払って本を購入するため、それに耐えられる本にしなければいけません。商業出版には、ある種の「責任」があることを認識しておいてください。

ただし、あなた(著者)の想いを広く伝えたいというのであれば商業出版を選ぶことになります。先ほども言いましたが、しっかりと読者を意識した「本作り」を目指していきましょう。この場合は、編集作業ができる出版社を選ばないといけません。

<紙の本と電子書籍の違い>

本当に想いを伝えたいのであれば、リアルにページをめくって読む「紙の本」を選ぶべきです。残念ながら、現在の電子書籍(日本国内)は読み飛ばしが多く「正しく読まれない本」となっています。つまり、あなたの想いが正しく伝えるためには「紙の本」がオススメです。

せっかく香川県で自費出版を考えているなら、その本が読まれるだけではなく、その内容が正しく伝わるような戦略(方法)を探してください。あなたの書いた本が誰かの心を動かし、その勇気の後押しにつながることも少なくありません。

香川県の出版社一覧(紹介と費用)

香川県で自費出版が可能な出版社を一覧にしました。本当は安全性や公平性を保ちたかったので“明朗会計”の出版社だけに絞る予定でしたが、香川の出版社は数が少ないので、できるだけ選択肢を残せるようにまとめていきました。

以下に表示している費用は、おおむね200ページ程度の本を作るときの『最低価格』(税別)の目安だと思ってください。必ず事前に各社で見積もりをとってください。ちゃんと、同じ仕様で比較できるようにしなければ意味がありませんのでご注意ください。

【PR】出版社名:玄武書房

一般的な自叙伝(自費出版)との相違
当サービスの「自叙伝」とは、著者の人生を綴ったもの、価値観を伝えるもの、体験や経験をまとめたものなど広...

紹介:全国対応可能。自費出版と商業出版ともに扱っています。自費出版に関しては「親族の保管用」と「商業出版」のどちらも可能です。また個人事業主向けのブランディングを目的とした出版に強いです。また家族向けの丁寧親切な本作りが人気です。

<家族保存用の自費出版>
費用:18~28万円
部数:30部(増刷可能)

<商業出版型の自費出版>
費用:36万円
受注生産なので部数制限なし
★プロの監修による商業出版★

<連絡先>
092-231-8318(外出が多いため下記へ)
090-6533-3700(担当:シン/受付時間10時~20時まで)

出版社名:美巧社

http://www.bikohsha.co.jp/html/publication5.html

紹介:香川県高松市にある出版社。全体的に「堅め」の本が多いという印象を受けました。取り扱っているジャンルは多いと思いますが、費用面に関しての記載はありませんので、必ず見積もりをもって必要最低限の確認を忘れないようにご注意ください。

<家族保存用の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
料金的にも地域密着型のイメージもありますが・・・。

<商業出版型の自費出版>
商業出版も可能との記載があります。
※商業出版は別料金になるかもしれません。

<連絡先>
087-833-5813(出版部/営業時間:日中)

出版社名:アート印刷

https://www.insatsukoubo.net/books/

紹介:香川県木田郡にある印刷会社。基本は印刷業が主体なので、本を印刷するだけの「保存用」であれば格安で利用できる可能性があります。ただし、調査当時は「リニューアル中?」として全ての詳細が不明だったのが気になります。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
印刷会社なので製造だけなら安いと思います。

<連絡先>
087-891-0170(営業時間:日中)

出版社名:tao.

https://www.tao-works.jp/

紹介:香川県高松市にあるデザイン会社。出版の実績などは不明ですが、一事業としての記載がありました。出版社登録があるか(ISBN発行ができるか)は不明です。デザインが主業務なので、表紙デザインなどは上手かもしれません。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。

<連絡先>
087-833-1361(営業時間:日中)

費用不明な出版社一覧

自費出版ができる香川の出版社は数が少ないので、印刷会社やその他の出版社もまとめてみました。印刷業務をやっている場合、保存用の出版であれば間違いなくできるでしょう。商業出版に関しては、公にしていないけど扱っているという会社もあります。

もちろん、自費出版が主業務でないということは費用が高くなる可能性もあります。ご自身の出版目的に合わせて、どこにするかを選択していきましょう。あせらずに慎重に、見積もりと詳細のご確認をしてください。あなたが満足できる自費出版ができますようにお祈りしております。

▼ギャラリーMON:香川県高松市/087-816-0435

▼ROOTS BOOKS:香川県高松市/087-887-3221

玄武書房の自費出版について

出版に関するアレコレまとめ