自費出版【鹿児島県】費用も比較しやすい出版社一覧

鹿児島県内で自費出版をあつかっている出版社をピックアップしています。自叙伝・自伝、家族史、社史まで様々あります。鹿児島の出版社はそれぞれの強みがありますので、ご自身の目的や費用に合わせた出版社選びをしていきましょう。

<目次>
・鹿児島の自費出版の相場とは?
・出版社を選ぶポイント
・鹿児島の出版社一覧(紹介と費用)
・費用不明な出版社一覧

鹿児島の自費出版の相場とは?

鹿児島の出版社で「自費出版」をあつかっている数は多くはありません。これから自費出版を考えているのであれば、ご自身の目的を明確にしておくことで選ぶべき出版社も見えてくると思います。まずは鹿児島の自費出版の相場を見ていきましょう。

<大まかな相場イメージ>

・超大手の出版社:約200万~500万円
・中堅どころの出版社:200万円
・知名度の低い出版社:50~100万円

鹿児島には業界的に大手出版社と呼ばれる業者はありません。おおまかには【50~150万円】の費用を想定しておくのが良いと思います。あとは仕様や目的、細かな点で言えば、本のページ数や素材によって見積もりも変化します。

<自費出版の目的は?>

・保存用:家族や親族に残すための本
・商業出版:一般読者が購入する本

もし保存用であれば、出版社よりも鹿児島の印刷会社に依頼するのが良いでしょう。もし手元に完成した原稿データがあるなら、30冊を8~10万円程度で本を作ることはできると思います。完成した原稿とは、本としての体裁を保ったデータになります。

もし文字としての原稿があるだけなら、印刷会社に頼むと高くつく可能性があります。なぜなら、編集する技術がなかったり、外注することで割高になったりします。それ以前の手書き原稿であれば、文字入力を含めて出版社の方が効率は良くなります。

今回の自費出版を、一般読者が購入する商業出版にするなら、基本的に印刷会社ではなく「出版社」を利用することになります。不特定多数が手に取る本は「商品」となります。商品としての「書籍クオリティ」を担保できるのは本の編集に慣れている出版社です。

鹿児島の出版社は数が多いわけではありません。それほど競争もないので価格が安定している地域です。つまり、全国的な相場と比較すると「費用そのものは少し安め」ですが「クオリティに差がある」というイメージです。

出版社を選ぶポイント

抑えておきたい鹿児島の出版社を選ぶ際の3つのポイントをお伝えします。自費出版において最も重視されるのは「費用」です。その次が「仕様」ですが、なかでも商業出版するかしないかによって費用も変動してくると思います。部数などの判断は知識がないと難しいかもしれません。

<費用>

自費出版をしたいと考えても高額な費用で諦める人が多いのが現状です。保存用であれば完成原稿ありで10万円程度、原稿が未編集であったり手書きの場合で30~50万円程度です。これが商業出版になれば部数も必要になるため50~200万円くらいは必要になります。

正直、同業者として残念なお知らせがあります。注意すべきは「後だし」と「上乗せ」です。最初の見積もり金額から、いろいろと後から上乗せをする悪質な出版社が存在します。はじめての出版で専門知識がないので泣き寝入りしている著者も多いです。

<仕様>

紙や素材などがチェックできるのが望ましいです。その点で言えば、確実に確認できる鹿児島県内の出版社を選ぶ方が安全かもしれません。しかし、商業出版する場合においては、コスト面を考えると素材にこだわりすぎると思いもよらない高額になるのでご注意ください。

実際の話、見た目を気にするよりも“中身”で勝負すべきだと思います。それが家族や親族が読むだけの保存用であっても、読み応えのある本を作った方が良いはずです。商業出版であれば、赤の他人が読むわけですから、それは「商品」と呼べるレベルでなければいけません。

<相性>

どうしても出版社と著者との相性というのはあります。特に、編集担当者のやる気やレベルは重視すべきポイントだと思います。先ほども書きましたが「本は中身で勝負!」ですから、読者目線で満足度の高い本にしなくてはいけないのです。

つまり、その編集担当者が“あなたの本”に対して、どれだけ積極的に前向きに行動してくれるのか?第三者的な視点から、本をより良くするアドバイスがあるのか?ただ本を形にするだけなら、鹿児島の「出版社」ではなく「印刷会社」で良いわけですから。

鹿児島県の出版社一覧(紹介と費用)

今回の鹿児島の出版社一覧は自費出版のサービスがあることを前提としています。出版社によって特性・特徴もあり、もともとが印刷会社で商業出版には弱いけど保存用が格安で作れたり、出版社のブランドを守るために商業出版のみを扱ったり様々です。

また安全性と公平性を保つために“明朗会計”の出版社のみに絞り、大体200ページ程度の本を作るときの『最低価格』を表示しています。下記の費用は「目安」であり基本的には税別表記になります。

【PR】出版社名:玄武書房

一般的な自叙伝(自費出版)との相違
当サービスの「自叙伝」とは、著者の人生を綴ったもの、価値観を伝えるもの、体験や経験をまとめたものなど広...

紹介:全国対応の出版社。自費出版と商業出版ともに扱っています。自費出版に関しては「親族の保管用」と「商業出版」のどちらも可能です。また個人事業主向けのブランディングを目的とした出版に強いです。また家族向けの丁寧親切な本作りが人気です。

<家族保存用の自費出版>
費用:18~28万円
部数:30部(増刷可能)

<商業出版型の自費出版>
費用:36万円
受注生産なので部数制限なし
★プロの監修による商業出版★

<連絡先>
092-231-8318(外出が多いため下記へ)
090-6533-3700(担当:シン/受付時間10時~20時まで)

≫残念ながら鹿児島の出版社は明朗会計のところは少ないようです。
この地域的には「50~150万円」くらいが相場だと予想されます。

出版社名:南方新社

http://www.nanpou.com/?mode=f2

紹介:鹿児島市下田町にある出版社。地元でも有名な出版社で「鹿児島」や「奄美」の歴史や文化をテーマにした書籍を数多く発行しています。ですが、ホームページをみる限りでは、自費出版に力を入れているわけではなさそうです。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
やはり老舗なので高額な可能性があります。

<連絡先>
099-248-5455(営業時間:日中)

出版社名:電広

http://denko-co.jp/jihi.html

紹介:鹿児島市東谷山にある出版社。地域の電話帳や広報系のアイテムに強いのが特徴です。イメージ的には出版社というよりも印刷会社に近いと思います。編集なども終わった完成した原稿データがあるなら、格安で印刷できる可能性が高いです。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
その他の情報もかなり少ないです。

<連絡先>
099-268-2181(営業時間:日中)

出版社名:南日本新聞開発センター

http://www.373kc.jp/syuppan.html

紹介:鹿児島市山下町にある出版社。どちらかと言えば印刷所になります。上記と同様に完成した原稿データがあるなら格安で出版できる可能性はあります。広告系を幅広く制作しているようなので、表紙のデザインやイラストなどは強いかもしれません。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
商業出版はできないかもしれません。

<連絡先>
099-225-6211(営業時間:日中)

費用不明な出版社一覧

他県では費用表記がないものを一覧にするコーナーです。残念なことに鹿児島の出版社は数が少なすぎるので、仕方なく上記の詳細のある一覧に全てまとめました。正直、自費出版のサービスを扱っている出版社はありますが、しっかりとサポート体制があるかは難しいところです。

鹿児島の自費出版のニーズに「一応」対応できるというイメージです。書籍としてのクオリティを求めるのであれば、他県や全国の出版社を探す方が良いかもしれません。特に商業出版をするなら、まちがいなく鹿児島県以外で探した方が良いでしょう。

玄武書房の自費出版について

出版に関するアレコレまとめ