自費出版【高知県】費用と相場を比較しやすい出版社一覧

高知県の自費出版ができる出版社をまとめています。自分の経験や歴史を本にすることで“あなたの人生”が形として残ります。家族や親族で楽しむのか、一般読者に届ける商業出版にするか、著者の目的に合わせた自費出版を選んで行きましょう。

<目次>
・高知県の自費出版の相場
・自費出版の目的と意義
・高知県の出版社一覧(紹介と費用)
・費用不明な出版社一覧

高知県の自費出版の相場

まずは大まかに全国の相場を見ていきたいと思います。それとの比較で佐賀の自費出版の適正な費用というのも見えてくると思います。正直に言いますと、佐賀の出版社は数が少ないため、競争原理が働かず、どちらかと言えば費用が高額になりがちな地域です。

<全国の自費出版の相場>

・超大手の出版社:約200万~500万円
・中堅どころの出版社:200万円
・知名度の低い出版社:50~100万円

佐賀には超大手の出版社はありません。中堅から小規模になりますので、商業出版であれば【50~150万円】くらいの間であれば妥当かもしれません。この金額の開きがあるのは、その書籍の仕様や販売方法、または原稿の状態などによって変化するからです。

もし、お手持ちの原稿が編集作業などの必要がない完成したものであれば、保存用の自費出版なら格安になると思います。ただ本としての体裁を整えるだけの出版というよりも「本の製造」であれば、基本は印刷代だけに抑えることができます。

<自費出版の目的>

・保存用:約10~50部(多すぎると在庫管理が大変)
・商業出版:約1000~2000部(+30~100万円)

<現状確認>

・原稿はデータで編集などは一切不要:追加費用なし
・原稿はデータだが編集などは必要:追加費用10~30万円
・完成原稿がない::追加費用10~30万円
・原稿は手書きである:文字数×0.5~1円程度の費用が追加

自費出版の目的と意義

<自費出版する目的は?>

自費出版には2種類のパターンがあります。ひとつは一般の読者が購入できる本として商業的に販売する「商業出版」です。もうひとつは家族や親族で楽しむための「保存用」になります。

商業出版の場合、どうしても費用は高くなります。それは単なる本を作るわけではなく「商品」を作るからです。そこにはプロの知識や技術、そして編集が必要になります。それを利用する費用と考えると高いとは言い切れません。もし保存用であれば、そのような費用が不要です。ただ単に「本を製造する」というイメージになります。

ただ本を作る(製造)だけであれば出版社ではなく「印刷会社」を選ぶと費用がかなり抑えられます。これは高知にある印刷会社ではなく、全国的展開している会社の方が格安になります。単純に全国的にやっている会社の方が価格設定が安いのでオススメです。

<本を作る意義>

自分の人生を形にして残すということは、ただの自己満足という世界ではありません。それを手に取る読者が存在するのです。そこで読者が感銘を受けたり、著者の体験に共感したりと心を動かす可能性があります。本を作る際に注意すべきは、その読者の視点になります。

本が持つ力というのは、ときには「人の命を救う」こともあります。何かに悩んでいる時に、一冊の本との出会いで生きる勇気をもらうこともあるのです。とは言え、著者の立場としては“与える側の人間”というスタンスではいけません。あくまで著者と読者は対等であるべきです。

特に、無名の新人著者が書いた自叙伝を商業出版する場合、読者からすれば信頼や親近感などが一切ありません。その本を読んで初めて著者と出会います。初対面の人に対する最低限の敬意やマナーはあると思います。執筆する際にちょっとだけ注意してみてください。

<出版社を選ぶポイント>

高知で自費出版を考える際に、出版社にするか?印刷会社にするか?の選択肢は簡単です。先にお伝えしたように「本を製造する」だけなら印刷会社で良いと思います。かなり格安で作れるので、きっとコストパフォーマンス面での満足度が高いです。

逆に、商業出版であれば出版を専門にしている「出版社」を選ぶことになります。やはり「商品としての書籍」に関しては、より読者の存在を意識する必要があります。例えば、高知の一部書店だけで販売するくらいであれば、そこまでこだわる必要はないかもしれません。

少し注意が必要なことがあります。それは商業出版において、書店へ本を並べるという契約だったはずなのに一冊も並べられていなかったというような裁判事例もあります。いわゆる出版系の詐欺なども存在しますのでご注意ください。

高知県の出版社一覧(紹介と費用)

高知で自費出版ができる出版社の一覧になります。本来であれば、安全性や公平性を保つために“明朗会計”の出版社だけに絞りたかったのですが、いかんせん、高知の出版社が少なすぎました。あまり絞ると選択肢そのものがなくなってしまうため仕方なく幅広く一覧に入れています。

また表示している費用に関しては、大体200ページ程度の本を作るときの『最低価格』(税別)の目安としてお考えください。基本的には各社から「同じ仕様」で見積もりをもらってください。それを比較しなければ意味がありません。

【PR】出版社名:玄武書房

一般的な自叙伝(自費出版)との相違
当サービスの「自叙伝」とは、著者の人生を綴ったもの、価値観を伝えるもの、体験や経験をまとめたものなど広...

紹介:全国対応可能。自費出版と商業出版ともに扱っています。自費出版に関しては「親族の保管用」と「商業出版」のどちらも可能です。また個人事業主向けのブランディングを目的とした出版に強いです。また家族向けの丁寧親切な本作りが人気です。

<家族保存用の自費出版>
費用:18~28万円
部数:30部(増刷可能)

<商業出版型の自費出版>
費用:36万円
受注生産なので部数制限なし
★プロの監修による商業出版★

<連絡先>
092-231-8318(外出が多いため下記へ)
090-6533-3700(担当:シン/受付時間10時~20時まで)

出版社名:リーブル出版

https://www.livre.jp/book/besti2.htm

紹介:高知市神田にある出版社。ネットで自動見積もりができるので明朗会計です。以下のパターンは一般的な書籍作りを想定した費用になります。仕様や部数なども自由に設定可能です。さすがに安いとは言い難いですが費用が明確で安心感はあります。

<家族保存用の自費出版>
費用:60万円
部数:100部

<商業出版型の自費出版>
費用:78万円
部数:100部

<連絡先>
0120-12-4148(営業時間:日中)

出版社名:中島出版印刷

http://www.nakajima-p.co.jp/product/

紹介:高知市高見町にある出版社。校正の提出が2回だけという点がかなり気になりますが、自費出版の目的が「保存用」であれば十分に価格的なメリットを感じられると思います。特殊なところでは、競馬新聞なども発行しているようです。

<家族保存用の自費出版>
費用:10万円
部数:50部

<商業出版型の自費出版>
取り扱いについては記載がありません。
※商業出版はできない可能性が高いです。

<連絡先>
088-831-8833(営業時間:日中)

≫残念ながら高知県の出版社は明朗会計のところは少ないようです。
この地域的には「保存用30~50万円」または「商業出版50~150万円」くらいが相場だと予想されます。

出版社名:飛鳥

http://www.asuka-net.jp/publish

紹介:高知市本宮町にある印刷会社。普通の印刷だけでなく、動く印刷という変わったものも扱っています。新しい文化を生み出している面白い会社だと思います。年に1回だけですが、自分史作り方教室なども開催しているようです。

<家族保存用の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
印刷会社なので安いかもしれせん。

<商業出版型の自費出版>
取り扱いについては記載がありません。
※商業出版はできない可能性が高いです。

<連絡先>
088-850-0588(営業時間:日中)

費用不明な出版社一覧

上記に当てはまらない高知県の出版社をまとめていきます。自費出版に関しては未確認の業者もありますが、印刷関係の仕事をしているわけですから可能性はあります。気になるところには「相談」という形で話を聞いてみても良いかもしれません。

もちろん、自費出版を専門にしていない場合には費用が高くなる可能性はあります。もし保存用を格安で自費出版したいなら「印刷会社」を探すのが良いと思います。その場合は、一般読者に届ける商業出版は難しいかもしれません。

▼南の風社:高知市神田/088-834-1488

▼川北印刷:高知県南国市/088-863-3151

▼高知新聞総合印刷:高知市本町/088-885-0092

玄武書房の自費出版について

出版に関するアレコレまとめ