自費出版【宮崎県】費用も比較しやすい出版社一覧

宮崎県の出版社で自費出版ができることを前提として一覧にまとめています。これから自叙伝や家族史を出版したいと思っている人にとって「出版社選び」は重要なポイントです。自費出版の目的を明確にして、それに合わせた費用と出版社を選択していきましょう。

<目次>
・自費出版する目的を明確に!
・宮崎の自費出版の相場
・宮崎の出版社一覧(紹介と費用)
・費用不明な出版社一覧

自費出版する目的を明確に!

宮崎県の出版社選びの前に、ご自身の「自費出版する目的」を明確にしていきましょう。それにより費用は大きく変動します。一般的に考えると目的は「家族や親族に残す本を作りたい」か「一般読者に自分の経験などを知ってもらいたい」という2つに区分できると思います。

前者の家族向けは『保管用』となり、後者の一般読者向けは『商業出版』となります。

もちろん、基本的には保管用だけど、できるなら一般読者にも読んでもらいたいというパターンもあるかもしれません。ただし、この曖昧な考えは宮崎の出版社選びではネックになります。商業出版をするかしないかは先に確定させておきましょう。

なぜなら、商業出版するということは赤の他人(一般読者)のお金と時間を浪費するわけです。それに見合った最低限の書籍クオリティを維持しなければいけません。しかし、それは出版社のプロの編集者のサポートがなければ成立しないのです。

ちゃんとした商品として成立する本を出版するためには、それなりの費用が必要になるということです。つまり、保存用と商業出版のどちらを選ぶかで費用が変化します。もう一度、あなたの目的を考えてみてください。そこで、誰か(一般読者)に広く届けたいのであれば商業出版ですね。

宮崎の自費出版の相場

まずは全国的な自費出版の相場を見ていきます。まずは【商業出版】を前提とした目安をお伝えしますが、基本的には高額のイメージを持たれると思います。その費用には編集全般、デザイン、印刷、書店への営業や配本などが含まれていることが多いです。

<全国的な自費出版の相場イメージ>

・超大手の出版社:約200万~500万円
・中堅どころの出版社:200万円
・知名度の低い出版社:50~100万円

宮崎の出版社で“超大手”はありませんので、大まかには『50~150万円程度』と考えて良いと思います。地元密着型の出版社であれば宮崎県内だけの商業出版なども可能なところもあります。それでも50万円を切ることはないと思いますので、やはり高額だと感じるかもしれません。

<家族や親族向けの保存用>

保存用の場合、出版社よりも宮崎県内の印刷会社に依頼する方が安くあがります。ただし、ある程度の書籍クオリティへの妥協は必要になります。やはり本の出版や編集作業は独特なものなので、印刷メインの会社では不慣れな部分も多いです。

さらに費用面に関しても注意すべきことがあります。それは原稿の状態によって費用が大きく変化するということです。少なく見積もっても5~10万円くらいの変動はあります。後から思いもよらない費用を請求されるということが無いようにご注意ください。

【質問】現状の原稿はどのような状態でしょうか?
・現時点で原稿がない→印刷所では難しい、追加費用20~50万円
・手元に手書き原稿がある→印刷所による、追加費用10~20万円
・原稿はパソコンで入力している→簡易編集、追加費用5~10万円
・編集する必要がない完成原稿がある→印刷所でOK、追加費用はなし

あくまで原稿(本文)の話です。もし表紙デザインが決まっていなければ、ご自身で用意するか、業者に依頼するかで費用も変わっていきます。

例えば、保存用であれば10~30冊くらいあれば十分に思います。保存用であれば10冊8万円程度で可能な印刷会社(全国的に)もありますが、先に書いたように完成原稿がなければ追加費用が発生します。宮崎で出版社を選ぶ場合には、事前に費用の詳細を確認しておきましょう。

宮崎県の出版社一覧(紹介と費用)

ここでは宮崎県の出版社のなかで自費出版をあつかっている業者のみを一覧にまとめます。実際に、自費出版の見積もりというは難しい一面があります。ページ数や紙質、作業工程など、その本によって変化する部分が多く、一概に料金表を明記するのが難しいのです。

しかし、今回は安全性と公平性を保つために“明朗会計”の出版社のみに絞り、大体200ページ程度の本を作るときの『最低価格』を表示しています。下記の費用は「目安」であり基本的には税別表記になります。実際には各社に問い合わせて見積もりしてください。

【PR】出版社名:玄武書房

一般的な自叙伝(自費出版)との相違
当サービスの「自叙伝」とは、著者の人生を綴ったもの、価値観を伝えるもの、体験や経験をまとめたものなど広...

紹介:全国対応の出版社。自費出版と商業出版ともに扱っています。自費出版に関しては「親族の保管用」と「商業出版」のどちらも可能です。また個人事業主向けのブランディングを目的とした出版に強いです。また家族向けの丁寧親切な本作りが人気です。

<家族保存用の自費出版>
費用:18~28万円
部数:30部(増刷可能)

<商業出版型の自費出版>
費用:36万円
受注生産なので部数制限なし
★プロの監修による商業出版★

<連絡先>
092-231-8318(外出が多いため下記へ)
090-6533-3700(担当:シン/受付時間10時~20時まで)

出版社名:鉱脈社

http://komyakusha.jp/mediamaterials.php

紹介:宮崎市田代町にある出版社。タウンみやざきという地方サイトを運営しているので宮崎市民の方は目にしたことがあるかもしれません。全体的に「宮崎」という地域をテーマにした会社作りをしている地元愛にあふれる出版社だと思います。

<家族保存用の自費出版>
費用:85万円
部数:300部

<商業出版型の自費出版>
上記にプラスして費用が発生します。
全国書店だと追加費用で20~50万円程度かもしれません。

<連絡先>
0985-25-1758(営業時間:日中)

≫残念ながら宮崎の出版社は明朗会計のところは少ないようです。
この地域的には「保存用30~50万円」または「商業出版50~150万円」くらいが相場だと予想されます。

出版社名:宮日文化情報センター

http://www.miyanichi.net/publish/jihi.html

紹介:宮崎市橘通西にある出版社。写真集や小説から実用書まで取り扱いは多岐にわたります。面白いのはカルチャースクールなど出版社とは関係ない業務も手掛けている点です。地元で直接対面して打ち合わせをしたい人にオススメします。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
競合が少ないので地方相場より高額かもしれません。

<連絡先>
0985-27-4737(営業時間:日中)

出版社名:宮崎印刷

https://minami-p.co.jp/wordpress/?tag=%E8%87%AA%E8%B2%BB%E5%87%BA%E7%89%88

紹介:宮崎市大字田吉にある印刷会社。印刷所なので「本を印刷する」ことのエキスパートになります。出版に関しての知識やノウハウは不明ですが、保存用であれば、宮崎の出版社と比較すると割安で利用できると思います。そのためには完全原稿が必要です。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
保存用であれば安くできるかもしれません。

<連絡先>
0985-51-2745(営業時間:日中)

費用不明な出版社一覧

他県では費用表記がないものを一覧にするコーナーです。しかしながら、宮崎県の出版社は数が少ないので、上記以外の出版社(自費出版をあつかっていることが条件)は検索上位に出てきませんでした。自費出版に関しても、全国よりも少し高額な出版社もありました。

宮崎の自費出版に関しては、あまり環境が整っているとは言い難い状況です。できれば宮崎県内にこだわるよりも全国展開をしている出版業者を探していくのが良いかもしれません。自費出版は決して安い費用ではありませんので、より満足できる出版社を探してください。

玄武書房の自費出版について

出版に関するアレコレまとめ