自費出版【大分県】費用も比較しやすい出版社一覧

大分県で自費出版ができる出版社を一覧にしています。出版社はそれぞれの得意分野がありますので、自叙伝、自分史や家族史など目的に合わせて選んでいくと良いでしょう。どうしても費用は気になるポイントなので明記している業者が安心だと思います。

<目次>
・自費出版に必要な基礎知識
・大分の自費出版の相場
・大分県の出版社一覧(紹介と費用)
・費用不明な出版社一覧

自費出版に必要な基礎知識

何と言っても気になるのは費用のことですが、それ以前に基礎知識を持っていることで大分県の出版社から「どこを選ぶか」の選択肢が絞られてくると思います。まずは提示された見積もりに“何の費用”が含まれているかをチェックする必要があります。

例えば、どこまでのサポートをしてくれるのか、ただ印刷をしてくれるだけなのか、編集やデザインまでしてくれるのか、原稿に対するアドバイスがあるのか、これによって書籍としてのクオリティが変わってくるので必ず確認してください。

<印刷だけの出版社>

もともとが出版業務が中心ではなく「印刷会社」出身の出版社があります。書籍作りに関しては微妙なところもありますが、印刷が得意分野・専門なので“印刷するだけ”なら格安で自費出版ができます。大分県ではこのパターンの出版社が多いです。

ただし、編集の必要のない完全原稿(データ)が必要になります。例えば、目次やページ設定など単純ですが忘れがちな書籍としての体裁を整えていないと印刷だけという出版社には頼めません。頼んだとしても外注に出されることがあったり、編集が不慣れだったりと2度手間や費用の増加につながります。

<編集作業まで>

家族や知人だけが読むような親族の伝承用やご自身の『保管用としての本』であれば、その書籍は「物」なので、ある程度の体裁が整っていれば問題ないと思います。多少の表現のまちがいや過度な表現も気にすることはありません。

しかし、これが一般読者にも読んでもらいたい(商業出版)となれば話は変わります。その書籍は「商品」になるため、書籍のクオリティは“商品レベル”にしなければいけません。読者がお金を支払って、さらには読書時間を費やすだけの価値が必要になります。

<アドバイスあり>

もし商業出版(不特定多数の読者向け)をするなら、適切なアドバイスをしてくれる出版社を選ばなければいけません。その書籍を「物」ではなく「商品」として意識した本作りが必要になります。さすがに印刷主体の出版社では難しいかもしれません。

どのようなアドバイスが必要かと言えば、それを購入する読者にとって有益な情報の追加であったり、売れるための試行錯誤をしてくれたり、その書籍(著者)の目的に合わせたアドバイスをしてくれる出版社を選ぶべきだと思います。

大分の自費出版の相場

基本的には『著者の目的』によって自費出版の費用は変化します。ここでは大分県の自費出版の相場を見ていきましょう。どうしても地方の出版社は費用の表示(公表)そのものが少ないので、全国的な相場と比較しながら検討していくと良いと思います。

<全国の自費出版の相場>

・超大手の出版社:約200万~500万円
・中堅どころの出版社:200万円
・知名度の低い出版社:50~100万円

大分県に超大手の出版社はありませんので、単純に考えると【50~200万円程度】が相場になります。地方の出版社選びで悩むのは、出版社の数が少なく独占市場になりがちで売り手市場の地域が多いことです。事前に資料請求などで詳細を確認してください。

<著者の目的>

・親族で所有するため:約10~50部(単なる本の製造)
・一般の読者に届けたい:約1000~2000部(商業出版)+30~100万円

<現状確認>

・原稿はデータで編集などは一切不要:追加費用なし
・原稿はデータだが編集などは必要:追加費用10~30万円
・完成原稿がない::追加費用10~30万円
・原稿は手書きである:文字数×0.5~1円程度の費用が追加

大分県の出版社一覧(紹介と費用)

大分県の出版社のなかで自費出版を扱っている業者を一覧にしています。本来は安全性と公平性を保つために“明朗会計”の出版社のみに絞りたいと思いましたが、大分県の出版社そのものが少ないので“仕方なく”費用の明記がない出版社も含まれます。

ここで表示されている費用に関しては、大体200ページ程度の本を作るときの『最低価格』(税別表記)の目安として表示しています。大分県の出版社で自費出版をする前に、必ず見積もりをとって、その費用の詳細を確認してください。

【PR】出版社名:玄武書房

一般的な自叙伝(自費出版)との相違
当サービスの「自叙伝」とは、著者の人生を綴ったもの、価値観を伝えるもの、体験や経験をまとめたものなど広...

紹介:全国対応可能。自費出版と商業出版ともに扱っています。自費出版に関しては「親族の保管用」と「商業出版」のどちらも可能です。また個人事業主向けのブランディングを目的とした出版に強いです。また家族向けの丁寧親切な本作りが人気です。

<家族保存用の自費出版>
費用:18~28万円
部数:30部(増刷可能)

<商業出版型の自費出版>
費用:36万円
受注生産なので部数制限なし
★プロの監修による商業出版★

<連絡先>
092-231-8318(外出が多いため下記へ)
090-6533-3700(担当:シン/受付時間10時~20時まで)

出版社名:明文堂印刷

http://www.meibundou.co.jp/selfprint

紹介:大分市長浜町にある出版社。基本的には印刷会社なので「本作り」のノウハウがあるかは不明ですが、手元に完成した原稿(本の体裁を整える編集作業などが不要なデータ)があれば、格安で自費出版ができます。ただし商業出版はできないかもしれません。

<家族保存用の自費出版>
費用:10万円(56~60頁と少なめ)
部数:50部

<商業出版型の自費出版>
取り扱いについては記載がありません。
※商業出版はできないかもしれません。

<連絡先>
097-533-8800(営業時間:日中)

≫残念ながら大分県の出版社は明朗会計のところは少ないようです。
この地域的には「保存用30~50万円」または「商業出版50~150万円」くらいが相場だと予想されます。

出版社名:大分出版印刷

https://www.osiweb.jp/%E5%96%B6%E6%A5%AD%E5%93%81%E7%9B%AE/%E8%87%AA%E8%B2%BB%E5%87%BA%E7%89%88/

紹介:大分市六坊北町にある出版社。こちらも印刷会社です。ホームページには「10万円からできる」とあるが詳細は不明なので事前確認が必須です。曖昧な表示の場合、本来必要な費用が含まれていないケースがが多いので注意してください。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
曖昧な「10万円からできる」という表記のみ。

<連絡先>
097-546-0200(営業時間:日中)

出版社名:三恵印刷

http://www.sankeiprinting.co.jp/publish_howto.html

紹介:大分市下郡にある出版社。基本は印刷会社なので印刷だけなら格安で可能かもしれません。大分の自費出版は印刷会社での取り扱いが多いようです。商業出版に関しては消極的なので、商業出版の知識やサポート体制が少ないと予想されます。

<家族保存用の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
表示では30万円くらい(?)

<商業出版型の自費出版>
商業出版には向いてなさそうです。

<連絡先>
097-567-1155(営業時間:日中)

費用不明な出版社一覧

大分県の出版社で費用(目安)の記載がない出版社一覧です。実際に、本はページ数や紙質、表紙や各種仕様によって価格表記というのは難しいです。それでも参考価格の表示は利用者にとって重要な内容なので記載は必須だとは思います。それを表示できないのは何かしら他に理由があるかもしれません。

ほとんどの場合、高額な費用がかかる出版社が多くなります。大分県は「出版を専門」としている業者は少なく、印刷会社がその需要を担っているように思います。印刷会社であれば“印刷のみ”のコストは抑えられると思います。

<印刷が主体の会社>

▼電子印刷センター:大分県別府市/0977-66-5365

▼秀栄社:大分市西新地/097-551-8780

▼明治印刷:大分県宇佐市/0978-38-0135

玄武書房の自費出版について

出版に関するアレコレまとめ