自費出版【佐賀県】費用も比較しやすい出版社一覧

佐賀県で自費出版をしたい人たちが費用を比較しやすいように出版社をまとめました。ご自身の人生を後世に残すために「自費出版」は有効な手段となります。まずは知識や情報を学びながら、あなたに合った出版社を選んで行きましょう。

<目次>
・佐賀県の自費出版の相場
・自費出版の注意点まとめ
・佐賀県の出版社一覧(紹介と費用)
・費用不明な出版社一覧

佐賀県の自費出版の相場

全国的な相場を知ることで佐賀の自費出版が安いか高いかの判断ができると思います。現実的な話になりますが、佐賀県の出版社は数が少ないため、どうしても全国平均よりも高くなる可能性があります。それは競争原理が働かないので価格競争が起きないのが原因です。

<全国の自費出版の相場>

・超大手の出版社:約200万~500万円
・中堅どころの出版社:200万円
・知名度の低い出版社:50~100万円

佐賀には超大手はありませんので、中規模から小規模の出版社が目安になります。おおまかなイメージとしては商業出版で【50~150万円】程度を考えておくと良いと思います。もちろん、現在の著者の状況(原稿の状態)によっては増減することになります。

また自費出版の目的によっても費用は大きく変わります。例えば、家族や親族で読む保存用で印刷だけで良ければ、上記の相場よりも格安(10~20万円程度)で作れます。商業出版が高くなるのは仕方ありません。それは出版社のブランドを利用する費用も含まれるからです。

<自費出版の目的>

・保存用:約10~50部
・商業出版:約1000~2000部(+30~100万円)

<現状確認>

・原稿はデータで編集などは一切不要:追加費用なし
・原稿はデータだが編集などは必要:追加費用10~30万円
・完成原稿がない::追加費用10~30万円
・原稿は手書きである:文字数×0.5~1円程度の費用が追加

自費出版の注意点まとめ

<出版社?それとも印刷会社?>

自費出版をする際に注意すべきことがあります。佐賀県は印刷会社が多いので特に注意が必要です。印刷業務が主体の出版社においては「印刷すること(製造すること)」自体が目的となるため、その書籍のクオリティに関しては、あまり興味がありません。

つまり、印刷会社に関しては「商業出版には向いていない」と言わざるを得ないのです。やはり商業出版は不特定多数の一般読者が“購入”する“商品”になります。それは無名の著者が一人で書き上げた内容では不十分なのです。しっかりとプロによる編集が必要です。

<あなたの目的は?>

あなたが自費出版をする目的は何でしょう?親族や知り合い向けの保存用か、一般読者が手にする商業出版か。後者であれば、先に述べたように、プロの編集を経由せずに出版するのは危険です。単なる素人の本ではなく、著者(プロ)としてクオリティを高める必要があります。

また保存用であっても、ちゃんとした出版社経由であれば原稿チェックもしてもらえます。身内であっても「読みやすさ」や「わかりやすさ」を追及した方が良いに決まっています。正直、読まれない本は“ゴミ”と同じ存在です。そのような残念な結果にならないようにしてください。

<費用の詳細をチェック>

実際のところ、本の「見積もり」というは難しい部分が多いです。それは仕様(ページ数、紙質や色、デザイン、イラスト点数など)によって大きく費用が変化するからです。例えば、表紙を辞書のような厚い紙質にすれば、それだけで10万円アップすることもあります。

また保存用であれば格安で形だけを作るのは簡単ですが、商業出版となれば、その先にいる「読者の存在」を忘れてはいけません。当然、プロの編集が必要になるので、そこには人件費や技術料が追加されることになります。必ず見積もりに何が含まれているのかを確認しましょう。

<原稿のブラッシュアップ>

まず保存用に関しては、原稿をチェックしてブラッシュアップすることで、著者の満足度が高まります。また読者となる親族たちにとっても読みやすく喜ばれます。これは自己満足かもしれませんが、せっかく自費出版するなら費用を追加しても良いかもしれません。

これが商業出版になると、何度も言いますように「一般読者」が「商品」として購入するわけですから、そのクオリティが他の書籍と同等か、それ以上でなければいけません。しっかりとプロと一緒に「ちゃんとした作品」に仕上げていきましょう。

佐賀県の出版社一覧(紹介と費用)

佐賀で自費出版をあつかっている出版社の一覧です。本当は、安全性や公正性を保つために“明朗会計”の出版社だけに絞りたいのですが、佐賀の出版社が少ないので、絞ると選択肢そのものが無くなります。今回は仕方なく幅広く一覧にしています。

下記に表示している費用に関しては、大体200ページ程度の本を作るときの『最低価格』(税別)の目安として捉えてください。必ず各社から「同じ仕様」で見積もりをもらって比較するようにしましょう。そうしないと正確な比較ができません。

【PR】出版社名:玄武書房

一般的な自叙伝(自費出版)との相違
当サービスの「自叙伝」とは、著者の人生を綴ったもの、価値観を伝えるもの、体験や経験をまとめたものなど広...

紹介:全国対応可能。自費出版と商業出版ともに扱っています。自費出版に関しては「親族の保管用」と「商業出版」のどちらも可能です。また個人事業主向けのブランディングを目的とした出版に強いです。また家族向けの丁寧親切な本作りが人気です。

<家族保存用の自費出版>
費用:18~28万円
部数:30部(増刷可能)

<商業出版型の自費出版>
費用:36万円
受注生産なので部数制限なし
★プロの監修による商業出版★

<連絡先>
092-231-8318(外出が多いため下記へ)
090-6533-3700(担当:シン/受付時間10時~20時まで)

出版社名:宮本プリント

https://www.miyakiprint.com/publisher-top

紹介:佐賀市新中町にある、その名前の通りプリント屋さん(印刷会社)。とにかく格安を探している方、どこよりも安く本の形にしたいのであればコスパは抜群だと思います。下記の費用はデザイン費が必要なさそうな作品事例でした。

<家族保存用の自費出版>
費用:16万円(147頁)
部数:200部

<商業出版型の自費出版>
取り扱いについては記載がありません。
※商業出版はできない可能性が高いです。

<連絡先>
0952-31-0742(営業時間:日中)

≫残念ながら長崎県の出版社は明朗会計のところは少ないようです。
この地域的には「保存用30~50万円」または「商業出版50~150万円」くらいが相場だと予想されます。

出版社名:佐賀印刷社

http://www.sagain.co.jp/html/book-making/

紹介:佐賀市高木瀬西にある印刷会社。出版社ではありませんので、保存用の書籍であれば格安に作れるかもしれません。ただし編集作業の必要がないくらいの完成した原稿でなければ、思いもよらない費用が発生する可能性もあります。

<家族保存用の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
印刷会社なので安いかもしれせん。

<商業出版型の自費出版>
取り扱いについては記載がありません。
※商業出版はできない可能性が高いです。

<連絡先>
0952-31-6171(営業時間:日中)

費用不明な出版社一覧

以下は、佐賀県の出版社をまとめていきます。また増えたら追加していきます。自費出版の扱いに関しては明記していない業者もありますが、基本的には「商業出版」でなければ、どこでも本を印刷するのは可能だと思います。まずは相談という形で話をしてみても良いかもしれません。

もちろん、自費出版を専門にしていない場合には費用が高くなる可能性はあります。やはり格安で自費出版をしたいのであれば「印刷会社」を探すのが良いと思います。その場合は、商業出版は難しいことだけは覚えておいてください。

▼新星出版社九州出張所:佐賀市兵庫町/0952-24-2612

玄武書房の自費出版について

出版に関するアレコレまとめ