自費出版【島根県】費用の相場がわかる出版社一覧

島根県で自費出版をしたいと思っている場合、どこの出版社を選ぶかは悩みどころだと思います。なぜなら、島根県内で探そうと思ったら出版社の数が限られてくるので、選択肢そのものが少なくなるのです。まずは自費出版の目的を明確にしていきましょう。

<目次>
・島根県の自費出版の相場
・自費出版の目的について
・島根県の出版社一覧(紹介と費用)
・費用不明な出版社一覧

島根県の自費出版の相場

何といっても自費出版でもっとも気になるのは「費用」だと思います。ここでは最初に全国の相場をお伝えして、その後に島根の相場を考えていきたいと思います。競合他社が少ない地域では、全国の相場よりも高くなることもあるのでご注意ください。

もちろん、本作りの際に顔を合わせて打ち合わせをしたい方もいると思います。その際には、安心感をお金で買うというイメージで、ちょっと高くなるかもしれませんが、島根の出版社を選んでも良いかもしれません。

ただし、ほとんどの場合、原稿のやりとりはメールで行うか郵送で行うことが多いので、実際に顔を合わせて打ち合わせをするのは1、2回程度しかありません。つまり、あまり地元の出版社にこだわる必要性を、私は感じません。むしろ全国から選んだ方が質が高く安い業者も多いです。

<全国の自費出版の相場>

・大手の出版社:約200万~500万円
・中規模な出版社:200万円
・小規模な出版社:50~100万円

島根には大手はないので、中規模と小規模の業者です。そして、どちらかと言えば出版社ではなく「印刷会社」が自費出版を手掛けているパターンが多いです。印刷会社の場合、印刷するだけで良い「完成した原稿」があれば格安で出版ができます。

もちろん、印刷会社の場合、出版社ではないので「編集作業」に関する知識や技術は不足する可能性が高いです。さらに本のクオリティを高めるアドバイスなどを受けることは期待できません。本を製造する(形にする)だけなら印刷会社の方がお得だとは思います。

次に、島根県の自費出版の相場をお伝えしますと、保存用なら【20~50万円】程度、商業出版であれば【50~150万円】程度でしょう。手元に(編集の必要がない)完成原稿がある場合、もしかしたら格安の10万円くらいで本を製造することはできるかもしれません。

<自費出版の目的>

・保存用なら約10~50部(多すぎると在庫管理が必要)
・商業出版で約1000~2000部(+30~100万円)

<現状確認>

・原稿はデータで編集などは一切不要:追加費用なし
・原稿はデータだが編集などは必要:追加費用10~30万円
・完成原稿がない::追加費用10~30万円
・原稿は手書きである:文字数×0.5~1円程度の費用が追加

自費出版の目的について

さて実際に出版社を選んでいくためには「あなたの自費出版の目的」を思い出してください。あなたの本を読む『読者』は誰になりますか?その読者が自分もしくは身内であれば「保存用」となりますが、一般の読者が購入する本であれば「商業用」になります。

商業用の場合、いわゆる「商業出版」と呼ばれますが、さすがに「保存用」で作った本を販売するというのは無理があるでしょう。商業出版の読者は“赤の他人”ですから、著者ひとりで書き上げた本では「商品」としての価値を維持するのは難しいです。

しっかりと、出版社や第三者からアドバイスをもらって、販売できる商品としてのクオリティを高める作業をしていかなければいけません。もちろん、そのような作業は印刷会社よりも「出版社」の方が知識も技術もあるのは言うまでもないと思います。

<保存用の自費出版>

自分の保存用や家族や親族向けに伝えたいことを書いた本であれば、やはり格安で作りたいと思う人が多いはずです。基本的には印刷会社に依頼する方が安く作れますが、あなたの手元にある原稿の状態によると思ってください。

印刷会社の自費出版サービスは「印刷するだけ」の簡易的な出版です。本を形にするだけ(製造するだけ)なので安いです。格安で利用するためには、完成した原稿が必要になります。表紙や目次、ページ割りなどもご自身でやる必要があります。

一応、印刷会社でも編集っぽい作業をしてくれますが、それは書籍としての「本としての体裁を整える」だけで「本としてのクオリティを高める」わけではありません。しかし、保存や親族向けなので、そこまでのクオリティは不要だと割り切れば良いと思います。

<商業用の自費出版>

当たり前ですが、保存用の書籍作りとは大きく異なります。例えば、あなたはド素人の本を買いたいと思いますか?さすがに、ある程度の洗練された内容を求めるはずです。第三者(編集担当)の手が加えられて洗練されると「商品」としての価値は高まります。

ただ格安の自費出版の場合、印刷会社が運営していることが多いのですが、そこにはクオリティを高めるためのアドバイスや作業などはありません。正直、そのような本を商業流通させるのは『罪』であり『悪』だと思います。出版業界的にも良くありません。

ちゃんと「読者」を意識して「伝える」ことが大切です。そのためには正しい順番と手順、さらには必要な内容をプロと一緒に考えて一冊の本を作り上げていく必要があります。売れる売れないの前に、最低限の書籍としてのレベルを維持できる出版社を選びましょう。

島根県の出版社一覧(紹介と費用)

島根で自費出版ができる出版社をまとめます。安全性や公平性を保ちたいと思いますので、基本的に、“明朗会計”の業者のみを記載しようと思っています。しかし、絞り過ぎると一社もない地域もありますので、ある程度の実績などを考慮しています。

以下の費用に関して、おおむね200ページ程度の本を作る場合の『最低価格(税別)』を目安にしています。正直、自費出版の費用はピンキリな業界です。仕様、紙質やページ数などによって見積もりも変わってしまうので、騙されないように注意が必要です。

【PR】出版社名:玄武書房

一般的な自叙伝(自費出版)との相違
当サービスの「自叙伝」とは、著者の人生を綴ったもの、価値観を伝えるもの、体験や経験をまとめたものなど広...

紹介:全国対応可能。自費出版と商業出版ともに扱っています。自費出版に関しては「親族の保管用」と「商業出版」のどちらも可能です。また個人事業主向けのブランディングを目的とした出版に強いです。また家族向けの丁寧親切な本作りが人気です。

<家族保存用の自費出版>
費用:18~28万円
部数:30部(増刷可能)

<商業出版型の自費出版>
費用:36万円
受注生産なので部数制限なし
★プロの監修による商業出版★

<連絡先>
092-231-8318(外出が多いため下記へ)
090-6533-3700(担当:シン/受付時間10時~20時まで)

出版社名:報光社

https://hokosya.co.jp/book/

紹介:島根県出雲市にある印刷会社。印刷会社なので商業出版向きでありませんが、ご自身の保存用などの本であれば格安で作れる可能性はあります。ただし、明確な費用の記載がありませんので、ちょっと注意が必要かもしれません。

<家族保存用の自費出版>
残念ながら、詳細の表示は何もありません。
必ず見積もりをもらいましょう。

<商業出版型の自費出版>
商業出版に関しての記述が一切ありません。
おそらく、商業的な販売や流通はできないでしょう。

<連絡先>
0853-63-3939(営業時間:日中)

出版社名:谷口印刷

https://tpharvest.com/tp/solutions/publish.html?id=24

紹介:島根県松江市にある印刷会社。こちらの出版部門は「ハーベスト出版」となっています。ハーベスト出版はデザインが得意だとありました。編集やクオリティ向上に強いとは書いていないので、デザイン重視の方にはオススメできると思います。

<家族保存用の自費出版>
費用:50~100万円
部数:不明

<商業出版型の自費出版>
書店側の判断によるという記載があります。
希望しても商業出版はできないこともありそう。

<連絡先>
0852-36-5888(営業時間:日中)

出版社名:今井印刷

http://imai-printing.blogspot.com/2014/04/2014.html

紹介:島根県出雲市にある印刷所。過去に自費出版の相談会などを以前はしたこともあるようですが、残念ながら継続的な開催ではないようです。おそらく、連絡すれば似たような相談を受けてもらえると思いますので、あわせて見積もりをもらいましょう。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、詳細の表示は何もありません。
まずは見積もりをしてみましょう。

<連絡先>
0859-28-5551(営業時間:日中)

費用不明な出版社一覧

正直に言いますと、全国的に見ても島根県の出版社は少ないです。自費出版に関しては、印刷会社が一サービスとして取り扱っている状態に思います。つまり、保存用としての自費出版はできますが、商業出版としては弱い地域だと判断しても良いでしょう。

もし身内や自分の保存用ではなく、不特定多数の読者に購入してもらうための自費出版を考えているのであれば、やはり全国展開をしている出版者を選んだ方が良いと思います。読まれる本を作る知識や技術を持った出版社でなければ、制作費や印刷代が無駄になります。

▼たたら書房:島根県米子市/0859-22-4880

玄武書房の自費出版について

出版に関するアレコレまとめ