自費出版【鳥取県】費用の相場がわかる出版社一覧

鳥取で自費出版を検討中なら、あせらずに出版社選びからスタートしましょう。自費出版サービスはピンキリです。費用だけで選ぶと失敗することが多く、あなたの目的によって選ぶべき業者も変わってくるのでご注意ください。

<目次>
・鳥取県の自費出版の相場
・自費出版の目的について
・鳥取県の出版社一覧(紹介と費用)
・費用不明な出版社一覧

鳥取県の自費出版の相場

まず皆さんが気になるのは自費出版の費用だと思います。きっとネットで調べていくと、どうしてこんなに金額に開きがあるのかと不思議に感じたと思います。もしくは、なぜ費用を書いていないのかという不安もあったかもしれません。

基本的には、紙の素材や綴じの仕様、ページ数やカラーページなどによって費用は変化します。もちろん、その作った本を商業流通したいなら高額になるのが一般的です。商業出版の場合で書店に並べるためにはスペース代が必要になります。

もし業者(出版社や印刷会社)の言いなりになっていたら、無駄に高額な費用を請求されることがあるので注意が必要です。まずは全国の自費出版の相場を知っておくことで、ひとつの目安にしていただければ幸いです。

<全国の自費出版の相場>

・大手の出版社:約200万~500万円
・中規模な出版社:200万円
・小規模な出版社:50~100万円

次に、鳥取に関して言えば、大手出版社はありません。中規模から小規模の出版社や印刷会社が自費出版をあつかっています。特に最近は印刷業界の参入が多くなっています。終活などの一環として自費出版が注目されているからかもしれません。

基本的には「出版社」と「印刷会社」は別物だと思ってください。出版社は本を作るプロですが、印刷会社は本を印刷するプロです。企画と製造の違いといえば分かりやすいかもしれません。実際に、書籍のクオリティを維持できるのは出版社になります。

おおまかに鳥取県の自費出版の相場をお伝えしますと、保存用なら【20~50万円】程度となり、商業出版を希望するなら【50~150万円】程度です。もし手元に全て完成した原稿があるなら、印刷会社で本を印刷するだけなら格安の10万円以内でいけるかもしれません。

<自費出版の目的>

・保存用なら約10~50部(多すぎると在庫管理が必要)
・商業出版で約1000~2000部(+30~100万円)

<現状確認>

・原稿はデータで編集などは一切不要:追加費用なし
・原稿はデータだが編集などは必要:追加費用10~30万円
・完成原稿がない::追加費用10~30万円
・原稿は手書きである:文字数×0.5~1円程度の費用が追加

自費出版の目的について

あなたが自費出版したい目的は何ですか?その目的によっても選ぶべき業者が変わると思いますので、もう一度、改めて考えてみてください。あなたの伝えたい読者は誰でしょう?家族や親族のような身内でしょうか?それとも一般の読者でしょうか?

例えば、自分の記録や家族に伝えることが目的の本は「保存用」となります。保存用の本であれば、ある程度の読者が絞られてくるので、書籍のクオリティを気にすることはありません。文章も著者の好きなように書いていけば良いと思います。

しかし、これが商業出版となれば全くの別物になります。不特定多数の読者が「購入する」可能性があるので、最低限の書籍のクオリティを維持しなくてはいけません。それには出版のプロが携わらなければいけないので、やはり印刷会社では難しいと思います。

<保存用の自費出版>

保存用の自費出版の場合、私が考えるベストな選択は「自分で原稿を仕上げて、印刷会社に依頼する」のが最も格安になるのでオススメです。自分で原稿を仕上げるのは難しいことではありませんが、ちょっとした知識は必要になります。

もし、知り合いにワードやPDFなどのパソコンに強い人がいるなら相談してみましょう。本を印刷するための最低限の設定くらいはできると思います。PDFデータさえ作れたら、あとは印刷するだけなので印刷会社で格安自費出版ができます。

手元に原稿があって過去に出版経験がない著者の場合、そのままを本にできれば良いと思っているのであれば、それは保存用のクオリティの本になります。さすがに出版経験がない著者の本をプロの編集を通さずに商業出版するのは無謀です。

<商業用の自費出版>

保存用との大きな違いは何か?それは読者が赤の他人であり、その本を「購入」するという点です。つまり、あなたの本が「商品」としての価値がなければ駄目なのです。お金を支払ってまで購入するだけのクオリティを維持する必要があります。

あなたの想いや経験を広く伝えたい気持ちは分かります。ただし、それが商品となった場合には、それだけの責任が出てくるのです。しっかりと読者を意識して本を作っていきましょう。そこにはプロの目線や第三者のアドバイスが不可欠です。

先にお伝えした通り、印刷会社の自費出版は「印刷」はプロですが、出版(商品としての本作り)に関しての知識はありません。それは過去の出版実績があっても同じかもしれません。あくまで本を印刷した回数であって、それが商業出版としての『商品』価値があるかは難しいところです。

鳥取県の出版社一覧(紹介と費用)

鳥取県で自費出版ができる出版社や印刷会社をまとめています。どうしても高額な費用がかかってくので、安全性や公平性を保ちたいと思い、明朗会計の業者に絞りたいと思いました。しかし、実際に調べてみると費用を明記していない業者が多かったです。

今回は、費用の明記がない業者も含んでいることをご了承ください。少しでも選択肢を多く残すことを優先させてもらいました。あとはご自身で各社にコンタクトを取ってください。そして、同じページ数や仕様で見積もりをしてもらいましょう。

以下は、おおむね200ページ程度の本を作る場合の『最低価格(税別)』を目安に表示しています。やっぱり自費出版の費用はピンキリだと感じざるをえない結果となりました。

【PR】出版社名:玄武書房

一般的な自叙伝(自費出版)との相違
当サービスの「自叙伝」とは、著者の人生を綴ったもの、価値観を伝えるもの、体験や経験をまとめたものなど広...

紹介:全国対応可能。自費出版と商業出版ともに扱っています。自費出版に関しては「親族の保管用」と「商業出版」のどちらも可能です。また個人事業主向けのブランディングを目的とした出版に強いです。また家族向けの丁寧親切な本作りが人気です。

<家族保存用の自費出版>
費用:18~28万円
部数:30部(増刷可能)

<商業出版型の自費出版>
費用:36万円
受注生産なので部数制限なし
★プロの監修による商業出版★

<連絡先>
092-231-8318(外出が多いため下記へ)
090-6533-3700(担当:シン/受付時間10時~20時まで)

出版社名:今井印刷

http://www.imaibp.co.jp/jihi.html

紹介:鳥取県米子市にある印刷会社。保存用の自費出版を得意とする業者のようなので、完全原稿があるなら格安で本を印刷できるでしょう。商業出版の記載はないので難しいか、もし依頼できても高額になるかもしれません。

<家族保存用の自費出版>
残念ながら、詳細の表示は何もありません。
必ず見積もりをもらいましょう。

<商業出版型の自費出版>
おそらく取り扱いはありません。
できるかもしれませんが高額になるでしょう。

<連絡先>
0859-28-5551(営業時間:日中)

出版社名:ティエスピー

http://www.t-s-p.jp/

紹介:鳥取市千代水にある印刷会社。オーソドックスな町の印刷屋さんという印象です。いろんな種類のプリント技術があるので、きっと保存用であれば格安で利用できるでしょう。こちらも商業出版は難しいと思います。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、詳細の表示は何もありません。
まずは見積もりをしてみましょう。

<連絡先>
0857-29-5222(営業時間:日中)

費用不明な出版社一覧

残念なことですが、鳥取で自費出版ができる出版社や印刷会社は数が少なすぎます。このような地域では自費出版の費用が高くなる可能性があります。それは競合他社がいないために、価格競争の原理が働かないからです。

特に商業出版ができそうな業者はありません。より多くの読者に本を読んでもらいたいのであれば、全国対応ができる出版社(印刷会社ではなく)を選んで行きましょう。保存用の場合には、各社から見積もりをとって安い業者を選べば良いと思います。

▼蛍光社:鳥取市青葉町/0857-22-5565

▼米子プリント社:鳥取県米子市/0859-22-2155

玄武書房の自費出版について

出版に関するアレコレまとめ