自費出版【和歌山県】費用の相場がわかる出版社一覧

これから和歌山県で自費出版をしたいと思っている方も多いと思います。特に自費出版の費用は気になるポイントだと思いますので、全国相場と比較しながら検討材料にしてみてください。自分の目的にあった出版社を選んで行きましょう。

<目次>
・和歌山県の自費出版の相場
・自費出版の目的について
・和歌山県の出版社一覧(紹介と費用)
・費用不明な出版社一覧

和歌山県の自費出版の相場

まずは全国の自費出版の相場をお伝えします。大手の出版社から自費出版をしようと思ったら、かなり高額な費用が必要になります。ただ印刷して製本するだけなら、印刷会社を利用すると格安で出版は可能になります。

もし商業出版(一般読者が購入して読める)を希望するなら、その出版社の規模によって費用が跳ね上がります。基本的に、本の仕様(素材やページ数など)によって見積もり金額も変わってくるので、同じ仕様で見積もりをもらってください。

普段の生活で出版業界に関わることも少ないと思いますので、あまり知識がない人が多いのが現状です。それを良いことに高額な費用を請求する出版社も増えていますのでご注意ください。業者の言いなりにならないように情報を集めましょう。

<全国の自費出版の相場>

・大手の出版社:約200万~500万円
・中規模な出版社:200万円
・小規模な出版社:50~100万円

和歌山の出版社には大手はなく、中規模や小規模の業者になります。また自費出版をあつかっている業者は出版社ではない、単なる印刷会社もあります。印刷会社のメリットとしては、本を製造するだけなら格安で利用できることです。

単純に「出版社」と「印刷会社」の比較をすると、出版社は「編集のプロ」ですが、印刷会社は「印刷のプロ」ということになります。つまり、本の内容を良くしてクオリティを高める編集作業が必要なら出版社を選択すべきでしょう。

次に、和歌山県の自費出版の相場をお伝えしますと、保存用なら【20~50万円】程度ですが、商業出版を希望するなら【50~150万円】くらいが目安になります。もし編集の必要がない完成原稿があるなら、印刷会社で本を製造するだけなら格安10万円程度でいけると思います。

<自費出版の目的>

・保存用なら約10~50部(多すぎると在庫管理が必要)
・商業出版で約1000~2000部(+30~100万円)

<現状確認>

・原稿はデータで編集などは一切不要:追加費用なし
・原稿はデータだが編集などは必要:追加費用10~30万円
・完成原稿がない::追加費用10~30万円
・原稿は手書きである:文字数×0.5~1円程度の費用が追加

自費出版の目的について

自費出版の出版社(印刷会社)を選ぶためには、あなたの目的を明確にすることが大切です。例えば、自分や家族の記録や保存用の本なのか、不特定多数の読者向け(商業出版)なのかによっても選ぶべき業者は変わります。

当たり前ですが、自費出版の商業流通を希望する場合には、さまざまな費用が上乗せされることになるでしょう。一般的な本の編集や印刷費用だけでなく、書店に並べたいならスペース代金も必要になります。全て最低限の必要経費になります。

あなたの目的を明確にしておけば無駄な費用を請求されたり、余計な営業を受ける必要もなくなります。保存用であれば、部数は30冊程度あれば要は足ります。実際に100~300冊を作って保管に困っているという話も良く聞きます。

<保存用の自費出版>

保存用の自費出版であれば、印刷会社の利用をオススメしています。やはり印刷のプロですから、格安で本を印刷・製造してくれるのです。中小規模の出版社の場合、印刷は外注することが多いので少し割高になると思います。

ただし格安になる条件があります。それは編集の必要がない完成した原稿が手元にあることです。余白設定やPDFに変換する知識も必要になります。完成原稿(完全なデータ)でなければ、別途作業費用が必要になります。

もし書籍としてのクオリティを高めたいと考えて、本の編集を依頼する場合には印刷会社では難しいです。なぜなら、彼らは印刷のプロですが、編集に関しては知識と技術が不足しています。よりクオリティの高い本を作るには「出版社」が良いでしょう。

<商業用の自費出版>

あなたの想いを不特定多数の読者に届けたいのであれば「商業出版」を選択することになります。商業出版として世に出ていく本は『商品』になるので、絶対的にプロの編集や監修が必要になります。つまり、印刷会社ではなく「出版社」一択です。

例えば、保存用の自費出版をした本を商業的に流通させるのは辞めておきましょう。その本のクオリティは商品レベルに達していないので、読者から批判を受けることもあります。結局、出版しなければ良かったと落ち込むことになりかねません。

本を商品として流通させるためには、しっかりと“読者を意識”した編集と監修が必要になります。印刷会社でも「編集っぽい」ことをしてくれますが、それはあくまで本を形にする編集であり、読者を意識した本作りまでは難しいでしょう。

和歌山県の出版社一覧(紹介と費用)

和歌山で自費出版ができる業者(出版社と印刷会社)をまとめます。自費出版においては、ある程度の費用が必要になりますので、安全性や公平性を保って明朗会計の業者を紹介したいと思いました。がしかし!費用を掲載していない業者が多いです。

はじめての出版の方も多いと思いますので、まずは選択肢を広げてもらうためにも、自費出版の費用が明記されていない業者も含んでいます。必ず事前の見積もりをとってご自身で比較してください。あせらず惑わされずに業者選びは慎重に!

以下の費用は、おおむね200ページ程度の本を作る場合の『最低価格(税別)』を目安に表示しています。やはり保存用であれば印刷会社の方が安いと感じますが、商業出版ができないパターンも見受けられます。

【PR】出版社名:玄武書房

一般的な自叙伝(自費出版)との相違
当サービスの「自叙伝」とは、著者の人生を綴ったもの、価値観を伝えるもの、体験や経験をまとめたものなど広...

紹介:全国対応可能。自費出版と商業出版ともに扱っています。自費出版に関しては「親族の保管用」と「商業出版」のどちらも可能です。また個人事業主向けのブランディングを目的とした出版に強いです。また家族向けの丁寧親切な本作りが人気です。

<家族保存用の自費出版>
費用:18~28万円
部数:30部(増刷可能)

<商業出版型の自費出版>
費用:36万円
受注生産なので部数制限なし
★プロの監修による商業出版★

<連絡先>
092-231-8318(外出が多いため下記へ)
090-6533-3700(担当:シン/受付時間10時~20時まで)

出版社名:ウイング

http://w-i-n-g.jp/product/product06.html

紹介:和歌山市梶取にある印刷会社。日本自費出版ネットワークという団体に所属していますので、全く知名度はありませんが自費出版の賞にも応募できるようです。印刷会社なので「本を形にする」だけなら安いかもしれません。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、詳細の表示は何もありません。
完全原稿なら10万円以内で作れるかもしれません。

<連絡先>
073-453-5700(営業時間:日中)

出版社名:やまのは書房

https://yamanohashobo.com/

紹介:和歌山市雑賀崎にある白光印刷という印刷所が運営。かなり特殊ですが「山」に関する自費出版を専用に扱っているようです。費用的には安いとは言えませんが、山の景色などを綺麗に残したい人には良いかもしれません。

<家族保存用の自費出版>
費用:15万円(100部)
部数:100部

<商業出版型の自費出版>
おそらく取り扱いはありません。
できるかもしれませんが高額になるでしょう。

<連絡先>
073-446-8880(営業時間:日中)

費用不明な出版社一覧

残念なことに、和歌山の自費出版サービスは数が少ないです。正直、このような状態では費用が高くなることがあります。競合他社がいないということは独占市場となり、価格競争が生まれにくい状況だと言えるでしょう。

保存用であれば格安な印刷会社を利用するのが良いと思います。商業出版に強い業者はいないようなので、全国から探して書籍のクオリティを維持できる「出版社」を選んで行くことをオススメします。ぜひ読者のための本を作ってください。

▼ココラボ出版:和歌山市十番丁/050-7124-5583

▼岩出印刷:和歌山県岩出市/0736-62-2513

玄武書房の自費出版について

出版に関するアレコレまとめ