自費出版【山口県】費用の相場がわかる出版社一覧

山口県の自費出版ができる出版社をまとめました。これから自叙伝や家族史、詩集や句集など自費出版をお考えの方の参考になれば幸いです。あなたの目的が「保存用」なのか「商業出版」にするかによっても費用が変わるのでご注意ください。

<目次>
・山口県の自費出版の相場
・自費出版の目的について
・山口県の出版社一覧(紹介と費用)
・費用不明な出版社一覧

山口県の自費出版の相場

山口の自費出版の相場を考える前に、全国の相場を見ていきたいと思います。実は出版業界は地域差が大きい業界なので、地元の出版社を探すか、全国で探すかも検討事項だと思います。山口県は出版社が多い地域ではありませんが自費出版は可能です。

<全国の自費出版の相場>

・超大手の出版社:約200万~500万円
・中堅どころの出版社:200万円
・知名度の低い出版社:50~100万円

山口では中規模から小規模の業者になります。どちらかと言えば、本来は印刷を主体とした業者が多いように思います。どうしても競合他社が少ない地域では、価格競争も起きにくいので、全国相場よりも高くなる可能性もあるのでご注意ください。

また保存用の自費出版であって、すでに完成した原稿(印刷するだけ)があれば印刷会社に依頼した方が格安で製造ができます。自費出版の費用を抑えたいのであれば、安い印刷会社を探すのが良いと思いますが、商業出版の場合にはそうはいきません。

では山口県の自費出版の相場を大まかにお伝えします。保存用であれば【10~50万円】程度、商業出版であれば【50~150万円】程度で考えておきましょう。編集を必要としない完成した原稿があれば10万円程度で格安に抑えることは可能だと思います。

<自費出版の目的>

・保存用なら約10~50部(多すぎると在庫管理が必要)
・商業出版で約1000~2000部(+30~100万円)

<現状確認>

・原稿はデータで編集などは一切不要:追加費用なし
・原稿はデータだが編集などは必要:追加費用10~30万円
・完成原稿がない::追加費用10~30万円
・原稿は手書きである:文字数×0.5~1円程度の費用が追加

自費出版の目的について

これから自費出版をする際に「あなたの目的」を明確にしておきましょう。それによって、出版する流れや作業は大きく変わります。その目的は大まかに2種類あります。ひとつは「家族や親族の保存用」で、もうひとつは「一般読者向けの商業出版」になります。

<家族や親族の保存用>

家族のような身内に向けた書籍やご自身の保存用としての自費出版であれば格安の業者があります。それは出版社ではなく「印刷会社」です。編集などの作業は不慣れですが、原稿が完成しているなら10万円以内で本を製造することは可能です。

ただし、読まれる本を作りたいとお考えなら、やはり出版社のような編集のプロが必要です。目次の構成から始まり、何を伝えるかを一緒に考えてくれる業者を選ぶのが良いと思います。ただ、ホームページを見ると「一見、サポートがある」ような文句を見ることがあります。

それが本当に「読まれる本」を意識したものかは不明です。印刷会社では「印刷すること」や「本を形にすること」で利益があがるわけですから、その内容に関するクオリティは興味がないかもしれません。しっかりとサポート体制なども確認しておきましょう。

<一般読者向けの商業出版>

自費出版は著者が費用を負担していますが、それを商業出版として流通させるのであれば、その本は「商品」になります。商品を購入する「読者の存在」を意識する必要があります。著者が書いた初稿(最初の原稿)をそのまま出版できるわけがありません。

プロの著者ですら、編集担当者と打ち合わせをしながら変更や修正を行います。商品となる書籍に関しては、やはり修正や編集になれている出版社を選んだ方が良いと思います。ただ本を形にするだけの業者では、その本を購入する読者に申し訳ありません。

基本的には、印刷会社にはプロの編集はいませんので、商業出版を主体にしている出版社を選んだ方が無難です。私は商業出版は趣味で行って良いものではないと思っています。それを購入する読者を意識して、商品としてのクオリティの維持することが大切です。

山口県の出版社一覧(紹介と費用)

山口県で自費出版をあつかう出版社一覧です。できるだけ安全性や公平性を保ちたいので“明朗会計”の出版社に絞りたいと思いました。しかし、山口県の出版社の数が少ないため、あまり絞ると選択肢が激減してしまうので、やむなく費用を公表していない出版社も混ざっています。

以下、おおむね200ページ程度の本を作るときの『最低価格(税別)』を目安にしています。必ず各社で見積もりを依頼して、どんなサービス内容なのかも把握するようにしてください。いわゆるピンキリの業界なので細心の注意が必要になります。

【PR】出版社名:玄武書房

一般的な自叙伝(自費出版)との相違
当サービスの「自叙伝」とは、著者の人生を綴ったもの、価値観を伝えるもの、体験や経験をまとめたものなど広...

紹介:全国対応可能。自費出版と商業出版ともに扱っています。自費出版に関しては「親族の保管用」と「商業出版」のどちらも可能です。また個人事業主向けのブランディングを目的とした出版に強いです。また家族向けの丁寧親切な本作りが人気です。

<家族保存用の自費出版>
費用:18~28万円
部数:30部(増刷可能)

<商業出版型の自費出版>
費用:36万円
受注生産なので部数制限なし
★プロの監修による商業出版★

<連絡先>
092-231-8318(外出が多いため下記へ)
090-6533-3700(担当:シン/受付時間10時~20時まで)

出版社名:マルニ

http://maruni.jp/selfpublishing/

紹介:山口市道祖町にある印刷会社。こちらも印刷会社なので、完成原稿があれば格安で本の製造は可能です。手書き原稿の入稿も受け付けていますが、原稿のデータ化の費用などは「必ず」確認してください。意外なところで高額になることもあります。

<家族保存用の自費出版>
残念ながら、費用の表示はありませんでした。
まずは見積もりをもらいましょう。

<商業出版型の自費出版>
商業出版ができるかは不明です。
※印刷しかできないかもしれません。

<連絡先>
083-925-1111(営業時間:日中)

出版社名:三和印刷社

https://www.sanwa-printing.jp/page04_1.html

紹介:山口県下関市にある印刷会社。ホームページを見る限りは積極的に自費出版をあつかっているようには見えませんが、印刷会社なので「印刷だけ」なら格安で利用できると思います。既に原稿があれば、そのデータと一緒に見積もりを依頼しましょう。

<家族保存用の自費出版>
<商業出版型の自費出版>
残念ながら、詳細の表示は何もありません。
不明部分が多すぎるのでご注意ください。

<連絡先>
083-249-1130(営業時間:日中)

費用不明な出版社一覧

山口の自費出版ができる出版社は限られています。特徴的なのは印刷会社が中心なので、印刷自体は安い費用で抑えることができます。あとはどれだけ書籍のクオリティを保てるかが課題になります。それぞれの業者のサービスや特徴を事前に確認してください。

やはり「読まれる本」を作りたいのであれば、ちゃんとした出版を生業にしている業者を選んだ方が、結果的に著者と読者の満足度が高い本ができると思います。せっかく山口県で自費出版をするなら、そのクオリティまで考えて業者選びをしてみると良いかもしれません。

▼山口印刷工業:山口市宮島町/083-922-5055

▼博友舎:山口市大内御堀/083-927-7922

玄武書房の自費出版について

出版に関するアレコレまとめ