格安で自費出版したい!自叙伝の自費出版における費用の考え方

「自費出版を行いたいが、できるだけ格安で済ませたい」「自叙伝の費用がいくらぐらいになるのか気になる」書籍を出版するにあたって、このような考えをお持ちの方も多いでしょう。

もちろん、できるだけ費用を抑えて格安で出版することもできますが、自分が満足できるクオリティの本を出版したいとお考えなら、ある程度費用をかけるべきところは妥協しないことが大切です。ここでは、自費出版に対してどのようなサポートがあるのか詳しくみていきましょう!

費用を格安にできるかはサポートの内容次第!自叙伝などの自費出版における費用の変動

開いた本とグラフやお金のマークのイラスト

自叙伝などの自費出版をする場合、費用に大きくかかわってくる主な要素は下記のとおりです。

  • 原稿のサポート
  • 本の仕様
  • 発行部数
  • 流通サポートおよび販路
  • 宣伝の有無

これらの要素によって、費用は変動します。

原稿のサポートとは、編集者による手直しや加筆、挿絵などです。著者がすべて完璧に仕上げていれば製本のみで済みますが、文章に誤字や脱字などがあれば校正する必要があります。

また、よりイメージが湧きやすいように、文章にイラストや写真などを添付する場合は、追加編集も必要になります。一度編集者のフィルターがかかった方がミスなく出版できるので、原稿のサポートを行うケースは少なくありません。

本の仕様とは、モノクロやフルカラーといったデザインの選定です。また、ソフトカバーやハードカバーといった本の質を指します。発行部数は、どのくらい売れるかを想定し、書籍化する部数のことです。一般的に四六判などのベーシックな発行の場合、部数は1,150部程度になります。内訳は流通部数が1,000部、納品部数100部、見本部数50部です。

流通サポートおよび販路とは、出版社による流通経路や販路の確立です。通常、まったくの素人が自叙伝などを自費出版する場合、流通経路や販路を確保することは容易ではありません。自費出版サポートを受けたいと考えているなら、出版社の流通経路や販路、どのようなサポートがあるかをしっかり確認する必要があります。

宣伝の有無とは、効果的なPR活動をするかどうかです。例えば、帯に読者の興味を引くようなキャッチコピーやデザインを施すことで、本の内容を効果的にPRすることができます。なお、全く宣伝活動や流通活動をしなくても、1,000部の印刷の場合、50~100万円程度の費用がかかることもあります。

自叙伝などを自費出版する場合、まだ知名度もなく多くの売り上げが見込めない状態です。自費出版の費用を格安に抑えるためにも、発行部数を減らして書店流通以外の販路を検討するなどの対策が必要です。

玄武書房の自費出版者向けのサービス内容とは?

手を胸に当てるビジネスマンとサポートの文字

玄武書房では、できるだけ費用を抑えて格安に済ませたい方を対象に、自費出版の企画および製作を行っています。手元に原稿がなければ「目次作り」からスタートし、本の仕様の選択はもちろん、発行部数の相談や宣伝など全てサポートさせていただきます。

例えば、文章の誤字脱字のみをチェックするのではなく、読者が引き込まれる書き方、共感できる内容へとブラッシュアップするお手伝いも行っています。原稿内容から大幅に変更するわけではありません。あくまでも、より良くするためのサポートをしていきます。

玄武書房では、編集から構成・デザインまでトータルでサポートする「自叙伝出版(小説や詩集なども対象)」、また専門書の「ブランディング出版」を行っています。自叙伝出版の費用は業界最安値ともいえる価格設定で提供し、ブランディング出版は「ただ出版して満足」ということではなく、集客につなげて3ヶ月程度での出版費用の回収を目指します。

ネット通販の流通を最大限に活用し、書籍流通のサポート活動を行います。目的や予算に合わせた自費出版が可能です。お気軽にご相談ください。費用を重視して格安で抑えたい方のご要望にもお応えしています。

自叙伝を自費出版するなら玄武書房へ

自費出版の費用について、また玄武書房の自費出版者向けサービス内容を紹介しました。自費出版では儲けるというより、どのくらい費用を格安に抑えられるかがポイントです。費用をできるだけ格安に抑えて出版できるに越したことはありません。

しかし、書籍のクオリティをアップさせて多くの読者に手に取ってもらうためには、企画や編集といった原稿のサポート、流通や宣伝のサポートなどに費用をかける必要があるといえます。自叙伝を自費出版したいとお考えの方は、玄武書房へぜひご依頼ください。

格安で自費出版する際の費用に関するお問い合わせは玄武書房へ

サイト名 玄武書房
運営統括責任者 秦 誠二郎
住所 〒814-0113 福岡県福岡市城南区田島4丁目17−30−101
TEL
050-1490-5647
※お問い合わせはメールかLINEのみ対応します。
メールアドレス
info@genbu-shobo.com
※迷惑メール対策のため、全角「@」表記。
URL https://genbu-shobo.com/