格安で自費出版したい方必見!自費出版のメリットと出版先の選び方 小説・エッセイ出版の相談は玄武書房へ

「小説やエッセイを自費出版してみたい!」「自分で書いた小説を格安で出版できる方法を教えてほしい」小説やエッセイの出版には数百万円の費用が必要と思っていませんか?

もちろん、本の宣伝や流通経路の確保などを考えれば、数百万円の費用が必要になることも珍しくありません。しかし自費出版の場合、そこまで費用を出さなくても書籍を出すことができます。格安で自費出版したい方は玄武書房へぜひご相談ください。

出版することで仕事につながる可能性も!自費出版のメリット

メリットと書かれたカード

自費出版のメリットは下記のようなことが挙げられます。

  • 形に残すことができる
  • 後世に伝えることができる
  • 箔がつく
  • ポートフォリオ代わりになる

書籍を自費出版することで、形に残すことができます。もちろん、ネットでも活字を永久的に残しておくことはできますが、現物を手元に置きたい場合は書籍の方が魅力的に感じるでしょう。

また自分が亡くなった後、遺品として後世に残すことができるのも自費出版のメリットです。自分がどういう人物だったか、孫世代に本を通して伝えることができます。

箔がつくことも自費出版のメリットの一つです。例えば、ビジネス本やエッセイ、小説などを出版した場合、「本を出版するぐらい成功しているんだな」という、一目置いてもらえそうな印象を与えることができます。自分のステータスを上げる意味でも、書籍の出版は価値のあることです。

ポートフォリオは、自分の実績や能力の証です。絵画集や写真集、小説などを出版した場合に、それがそのままあなたの作品として評価されます。自費出版をきっかけに、大手出版社から新たに商業出版を依頼したいとオファーがくるかもしれません。ビジネスとして活躍できる可能性があります。

出版先の選び方は何を重視すべき?

クエスチョンマークと電球の書かれたブロックと本

自費出版を行う際、何を重視して出版先を選べばよいのでしょうか。

  • 格安で出版できる
  • 宣伝のサポートをしてくれる

このように何を望んで出版するかで出版の依頼先も変わってきます。まずどんなケースでも意識したいのが費用です。軍資金がたくさんあれば別ですが、やはり費用を抑えて格安で自費出版したいと考えている方がほとんどでしょう。

自費出版の場合、小規模な流通経路の確保で、発行部数が少なくても100万円くらいの費用がかかることもあります。まずは複数の出版社に提案し、どのくらいの費用になるのか比較してみるとよいでしょう。

次に意識したいのがサポート面です。プロの編集者によるレイアウトや構成などを行ってもらえるか、内容以外に表紙や製本に関するアドバイスも行ってくれるかよく確認しましょう。

玄武書房のサービス提供の流れ

玄武書房では、自費出版したい方に向けて下記の流れでサービスを提供しています。

  1. 相談や問い合わせ
  2. 資料送付(ほぼメールで対応)
  3. 著者が出版の意志あり
  4. 契約・見積もり(実際に送付)
  5. 入金(支払い)
  6. 原稿作成(著者をサポート)
  7. 原稿提出
  8. 編集、校正
  9. 著者確認

    ※8~9を繰り返す

  10. 表紙デザインの作成(著者への確認)
  11. 著者の確認終了
  12. 出版
  13. 売上報告および印税の支払い

上記工程を業界最安値となる4万9800円から対応。初回の出版に際しても(事前審査のうえ)18~36万円程度で対応可能です。この工程の中に編集や校正費用も含まれています。また玄武書房では、初回発行部数を多くするシステムは採用していません。注文された分だけ印刷する方法ですので、在庫を気にせず出版することが可能です。

出版社の中には、在庫が余って執筆者に負担させるところもあります。特に初めて出版するケースでは、そういった不安やプレッシャーもあるでしょう。玄武書房なら、在庫の負担もなく格安料金で自費出版が可能です。

小説やエッセイなどの格安自費出版も相談受付中!

自費出版のメリットや出版先の選び方を紹介しました。自費出版の相場は100万円前後というケースが多いです。しかし、それは一般の方にとってハードルが高すぎるかもしれません。

玄武書房では、格安料金で出版が可能ですので、気軽にご検討いただけます。また、最初に事前審査を行っていますので、いきなり数十万円の費用が必要ということもありません。事前審査で世間のニーズも考慮して承ります。小説やエッセイなど、自費出版をお考えの方は、まずはお気軽に玄武書房へご相談ください。

格安で自費出版したい方必見!小説・エッセイ出版の相談は玄武書房へ

サイト名 玄武書房
運営統括責任者 秦 誠二郎
住所 〒814-0113 福岡県福岡市城南区田島4丁目17−30−101
TEL
050-1490-5647
※お問い合わせはメールかLINEのみ対応します。
メールアドレス
info@genbu-shobo.com
※迷惑メール対策のため、全角「@」表記。
URL https://genbu-shobo.com/