新刊「YukiとThomasと柏の木の物語」

報道関係者各位
プレスリリース

2020年9月30日
玄武書房

新刊「YukiとThomasと柏の木の物語」10月2日発売開始

ドイツ在住婆ばの第二弾!日本とドイツの同時販売
孤児院とは知らずにへ預けられたトーマスの行方は?

(プレスリリース主旨)
玄武書房は、ドイツ在住の72歳の童話作家による『YukiとThomasと柏の木の物語』を10月2日(金)に発売します。ドイツが東西に分裂されていた時代、不安定な社会情勢のなか母と子の絆を描いた作品です。

YukiとThomasと柏の木の物語
詳細:https://www.amazon.co.jp/dp/490956618X/

「YukiとThomasと柏の木の物語」について

ベルリンの壁によりドイツが東西に分裂されていた時代。トーマスは母に連れられ孤児院へやってきた。母の迎えを待つトーマスだったが、母が戻ってくることはなかった。ある少女に勇気をもらったトーマスは、母親探しの旅に出かけることになる。無事に母を見つけ出し、母と子の絆を取り戻せるのだろうか?

<トピックス>
当作品は日本語版とドイツ語版の同時刊行になります。時代や国を問わず、家族との絆や想いを改めて考えさせられる物語です。前作と同様に孫の描いた挿絵とカメラマンによる写真によって、ドイツの雰囲気も感じられます。
ドイツ在住72歳の童話作家が贈る家族愛のあふれる作品であり、フリガナや挿絵もあるので絵本のような感覚で読めます。何歳になっても新しい作品を生み出し続け、我々に勇気を与えてくれる存在です。

<書籍概要>
タイトル: YukiとThomasと柏の木の物語
著者  : おざわせいこ
価格  : 800円(税別)
発売日 : 10月2日(金)
ページ数: 45ページ
仕様  : 21.0×27.3 cm
ISBN  : 978-4909566195
発行元 : 玄武書房
URL   : https://www.amazon.co.jp/dp/490956618X/

著者プロフィール:おざわせいこ

昭和23年3月生。岩手の実家は商店を営み裕福な家庭で育つ。月光仮面や刑事ものが大好き。高校時代に裁判所の法廷を傍聴し、裁判官の黒服に憧れ、中央大学法学部通信教育を日本政策金融公庫勤務の時期に受講。当時の黒皮の六法全書を本棚に並べるのが夢であった。今は、別の黒表紙の本なら並んでいるが・・・。現在、ドイツに在住。息子の妻であるドイツ夫人の家族とはスープの冷めない距離に住んでいる。

出版者概要

事業者名: 玄武書房
所在地 : 〒814-0113 福岡県福岡市城南区田島4丁目17-30
代表者 : 代表 秦 誠二郎
設立  : 2018年1月1日
事業内容: オンデマンド出版を主体に、専門書や学術書および自叙伝等を手掛ける。
URL   : http://genbu-shobo.com