新刊「野良犬先生-10年目の夢-」

報道関係者各位
プレスリリース

2021年12月16日
玄武書房

新刊「野良犬先生-10年目の夢-」本日発売

夢を見つけ叶えるために必要なのは“出逢い”である。

(プレスリリース主旨)
玄武書房は「野良犬先生-10年目の夢-」を本日(12月16日)発売しました。
ある教師との出逢いにより「先生になる」という目標を持ち、ひたむきに夢に向かって生きてきた著者の想いが詰まった一冊です。

「野良犬先生-10年目の夢-」
詳細:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566473/

「野良犬先生-10年目の夢-」について

人は皆、自分の居場所を探しながら生きている。
人は皆、様々な出逢いを経験して大人になっていく。

自分の居場所を“家”では見つけられなかった少年時代。

推薦枠で入学した高校では修行僧のような過酷な野球漬けの日々。
そんな生活から逃げ出そうと思った瞬間に現れた大きく確かな繋がり。

ひとりの教師の存在が、自分に居場所を与えてくれた。
その姿は自分が描く「理想」であり、目指すべき「夢」となっていく。

しかし、教師という目標は想像以上にハードルが高く苦戦する。

遠回りをしながらも、目の前に訪れるチャンスを必死で繋いでいく。
ついに掴んだ私立高校の教師生活で、個性豊かな生徒たちと出会うことになる。

<目次>

プロローグ

1.居場所を求めて
1―1 自己顕示欲
1―2 離別
1―3 飢え
1―4 崩壊

2.恩師サメさん
2―1 岐路
2―2 お前ら全員帰って良いよ!
2―3 逃亡
2―4 球の道
2―5 憧れを追って

3.人に成る
3―1 いざ食堂の角へ
3―2 でっけぇのにちっせぇタッちゃん
3―3 教育係りのタッちゃん
3―4 マーくんは傍若無人
3―5 常識あるゴリラのシンちゃん
3―6 天真爛漫ユタカ
3―7 天然パーマといえばユーサク

4.夢へと向かって
4―1 前代未聞の教育実習生
4―2 公立学校採用試験その後
4―3 夢への道
4―4 特別支援学校での現実
4―5 障害と向き合うこと
4―6 失望
4―7 繋がった道

5.居場所
5―1 夢の始まり
5―2 初めての副顧問
5―3 サッカーは気愛
5―4 魔の一年十三組
5―5 アヤカ
5―6 二年十三組のキセキ
5―7 be ambitious
5―8 一期生達よ
5―9 離任式

エピローグ

書籍概要

タイトル: 野良犬先生-10年目の夢-
著者  : 上山遼
価格  : 1815円(税込)
発売日 : 12月16日(木)
ページ数: 260ページ
仕様  : 12.7×18.8 cm
ISBN  : 978-4909566478
発行元 : 玄武書房
URL   : http://genbu-shobo.com

者紹介:上山遼

四国出身。自分の居場所を探し、心の満たされない野良犬のような少年時代を送る。中学生の頃にふとした思い付きから『教員の道』に進むことを夢見る。大学を卒業後、特別支援学校での勤務を経て、私立高校での臨時採用まで至る。様々な出逢いと努力により10年越しの夢を叶えた。

出版者概要

事業者名: 玄武書房
所在地 : 〒814-0113 福岡県福岡市城南区田島4丁目17-30
代表者 : 代表 秦 誠二郎
設立  : 2018年1月1日
事業内容: オンデマンド出版を主体に、専門書や学術書および自叙伝等を手掛ける。
URL   : http://genbu-shobo.com