新刊「山河を駆ける・上巻-日光・南会津の戊辰戦争秘録」

報道関係者各位
プレスリリース

2022年8月30日
玄武書房

新刊「山河を駆ける・上巻-日光・南会津の戊辰戦争秘録」本日発売

戊辰戦争の局面の一つ“会津戦争”が舞台に!

(プレスリリース主旨)
玄武書房は「山河を駆ける・上巻-日光・南会津の戊辰戦争秘録」を本日(8月30日)発売しました。
時は幕末、会津藩と新政府軍の熾烈な争いが繰り広げられた戊辰戦争の最終局面をモチーフに描いた歴史小説の上巻です。

「山河を駆ける・上巻-日光・南会津の戊辰戦争秘録」
詳細:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566589/

山河を駆ける・上巻-日光・南会津の戊辰戦争秘録

「山河を駆ける・上巻-日光・南会津の戊辰戦争秘録」について

幕末の歴史小説では不動の人気を誇る「土方歳三」も登場。
戊辰戦争の隠れた激戦となった“会津戦争”での男たちの絆が描かれる。

恩師である“芹沢鴨”の仇討ちを心に誓った青年・鳥居大和。
新選組・土方歳三の命を狙い、単身で屋敷に乗り込むが“鬼の副長”を前になす術なし。

仇とされながらも土方は、その突然の訪問者に“ある男”の姿を重ねていた。
それは、実の弟のように思っていた大切な存在“沖田総司”である。

「なぜ、土方は芹沢先生を斬ったのか?」

その答えを求めて、土方と行動を共にすることになった大和。
そして、次第に土方の度量の大きさや偉大さを実感してく。

また土方の元に集いし者たちからも多くの学びがあった。
いつしか土方は「仇」だけでなく、大和の人生に影響を与える存在になっていく。

下巻は『2022年9月17日』発売予定。

書籍概要

タイトル: 山河を駆ける・上巻-日光・南会津の戊辰戦争秘録
著者  : 氷乃士朗
価格  : 1,430円(税込)
発売日 : 8月30日
ページ数: 186ページ
仕様  : 12.7×18.8 cm
ISBN  : 978-4909566584
発行元 : 玄武書房
URL   : http://genbu-shobo.com

著者紹介:氷乃士朗

栃木県宇都宮市在住。中学時代に読んだ『燃えよ剣』に感化されて幕末にはまる。大学の法学部卒業後、銀行マンとして数年勤務。退職後、現在に至るまでの20年以上にわたり、複数の上場企業やベンチャー企業で企業法務やコンプライアンス業務、内部監査、内部統制業務に従事。軟式野球では栃木県代表の実績がある。

出版者概要

事業者名: 玄武書房
所在地 : 〒814-0113 福岡県福岡市城南区田島4丁目17-30
代表者 : 代表 秦 誠二郎
設立  : 2018年1月1日
事業内容: オンデマンド出版を主体に、専門書や学術書および自叙伝等を手掛ける。
URL   : http://genbu-shobo.com