新刊『光と量子の不思議な世界-「シュレディンガーの猫」の実験で旅立つたれ耳うさぎミルの冒険』

報道関係者各位
プレスリリース

2022年10月16日
玄武書房

新刊『光と量子の不思議な世界-「シュレディンガーの猫」の実験で旅立つたれ耳うさぎミルの冒険』本日発売

光と量子をストーリー仕立てで分かりやすく解説

(プレスリリース主旨)
玄武書房は『光と量子の不思議な世界-「シュレディンガーの猫」の実験で旅立つたれ耳うさぎミルの冒険』を本日(10月16日)発売しました。
世界的に研究されている「量子コンピュータ」や「量子テレポーテーション」ですが、量子の一つである『光』は今も将来においても科学技術の鍵となります。光と量子の不思議と謎に迫る一冊です。

光と量子の不思議な世界-「シュレディンガーの猫」の実験で旅立つたれ耳うさぎミルの冒険
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566716/

光と量子の不思議な世界-「シュレディンガーの猫」の実験で旅立つたれ耳うさぎミルの冒険

『光と量子の不思議な世界-「シュレディンガーの猫」の実験で旅立つたれ耳うさぎミルの冒険』について

2022年のノーベル物理学賞で「量子もつれ」と呼ばれる量子力学を象徴する現象の証明に貢献した米欧研究者3人が受賞した。

世界的に「量子コンピュータ」や「量子テレポーテーション」などの研究が行われている。
量子の一つである『光』は今も将来においても科学技術の鍵となる。

「光とは何か?」「量子とは何か?」
この疑問をストーリー仕立てで分かりやすく解説していく。

光と量子の専門家である“鹿次郎博士”に出会った“ミル”は「シュレディンガーの猫」の実験に誘われた。
何も知らないミルに鹿次郎博士が「光」や「量子」について詳しく説明する。

「光の波と粒」「光の色と強さ」「原子と分子」などの難しい内容も身近な分かりやすい例で学びながら、さらに実際に行われた偉人たちの実験から「量子」の不思議な性質も見えてくる。

しかし、ミルが挑んだ実験でトラブル発生・・・
思いがけず「光と量子の不思議な世界」へ旅立つことになってしまったミルには“どのような世界”が見えるのか?

ミルと鹿次郎博士がわかりやすく『光』と『量子』の謎と本質に迫る。

【目次】

第1章 「光」と「量子」ってなんだろう?
(1)光の波と光の粒
(2)光の色と強さ、人間が見ている光
(3)原子、分子の中の電子

第2章 「量子」の不思議な実験
(1)「シュレディンガーの猫」の実験
(2)ヤングの二重スリットの実験
(3)分子を用いた二重スリットの実験
(4)ヤヌア・シーのゴースト像実験

第3章 「光」と「量子」の世界
(1)時間と空間
(2)重ね合わせと絡み合い
(3)量子コンピュータ

書籍概要

タイトル: 光と量子の不思議な世界-「シュレディンガーの猫」の実験で旅立つたれ耳うさぎミルの冒険
著者  : 柳久雄
価格  : 1,430円(税込)
発売日 : 10月16日
ページ数: 136ページ
仕様  : 12.7×18.8 cm
ISBN  : 978-4909566713
発行元 : 玄武書房
URL   : http://genbu-shobo.com

著者紹介:柳久雄(やなぎひさお)

1980年神戸大学工学部卒業、1982年同大学院修士課程(工業化学専攻)修了。日本新薬株式会社研究員を経て、1988年神戸大学大学院博士課程(物質科学専攻)修了。1989年から神戸大学工学部応用化学科助手、助教授を経て、2006年から奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科(現先端科学技術研究科物質創成科学領域)教授となり現在に至る。

出版者概要

事業者名: 玄武書房
所在地 : 〒814-0113 福岡県福岡市城南区田島4丁目17-30
代表者 : 代表 秦 誠二郎
設立  : 2018年1月1日
事業内容: オンデマンド出版を主体に、専門書や学術書および自叙伝等を手掛ける。
URL   : http://genbu-shobo.com