新刊「公立病院改革と医療政策」

報道関係者各位
プレスリリース

2022年4月21日
玄武書房

新刊「公立病院改革と医療政策」本日発売

経済学的なデータに基づき、今後の公立病院改革を考察

(プレスリリース主旨)
玄武書房は「公立病院改革と医療政策」を本日(4月21日)発売しました。
公立病院の経営悪化による地域医療の存続が脅かされてる現状のなか、今後の公立病院改革の方向性(あり方)を明確に示す一冊です。

「公立病院改革と医療政策」
詳細:https://www.amazon.co.jp/dp/4909566546/

公立病院改革と医療政策

「公立病院改革と医療政策」について

日本では地域医療を支える“公立病院の経営悪化”が深刻な社会問題である。
実際に、病院閉鎖によって医療不在の地域も現実のものになっている。

アンケート分析、評判分析、経済効果の分析手法による多角的な考察。
さらに病院のガバナンスの事例を加えて、今後の公立病院改革の方向性を明確に示す。

公立病院の統合は容易なものではなく、1つの自治体病院を閉鎖することで地域社会に与える影響は大きい。アンケート調査やテキストマイニング手法による住民や患者側の意見の分析は、客観性または信頼性を維持し、バランスのよい評価が見てくる。

さらに、西日本の4つの公立病院の経済効果を算出。集約・統合などによる「高付加価値型」経営だけではなく、近年の技術的水準の分析から積極投資・維持・統合縮小などパターン化した方向性を導くことの有効性が明確となった。

現在、新型コロナによる診療の縮小、厚労省による全国的な公的病院の統廃合の波が押し寄せており、新たな施策の展開に迫られている。公立病院の存続問題が住民運動にまで発展した事例を取り上げ、ガバナンス・医療マネジメント能力・地域特性の各視点から多角的な分析を試みた。

【目次】

第1章 地域医療圏における自治体病院の役割
― 病院統合・再編に関するアンケート ―
1.福岡県八女・筑後医療圏と自治体病院について
2.自治体病院の現状について
3.アンケート調査について
3.1-アンケート調査の目的と内容
3.2-アンケート実態調査の方法
3.3-アンケート調査を実施するにあたっての仮説
3.4-アンケート結果
3.5-アンケート調査結果の考察
4.結語:まとめと今後の課題

第2章 テキストマイニングを使った病院の評判分析
― KH Coderを利用して ―
1.評判とは
2.テキストマイニング(KH Coder)とは
2.1-KH Coder概要
2.2-テキストマイニングの手順
2.3-八女・筑後医療圏の公立病院に関する評判分析結果
2.4-評判分析の考察について
3.結語:まとめと今後の課題

第3章 地域における赤字公立病院の経済効果
1.総務省病院事業決算状況
2.地域産業連関表による経済効果とRESAS
2.1-公立八女総合病院の経済効果と地域経済分析
2.2-山鹿医療センターの経済効果と地域経済分析
2.3-小城市民病院の経済効果と地域経済分析
3.公立病院統合の結果 -成功事例の分析-
4.四病院の医療技術水準について
5.考察
6.結語:まとめと今後の課題

第4章 中小自治体病院のガバナンスとマネジメント
1.銚子市立病院の休止からリコールまで
2.再開の道筋
3.ガバナンスの欠如
4.未熟な病院マネジメント能力
5.市民の保健医療の課題
6.地域の医療機関との連携を考えた市立病院の課題
7.銚子市立病院の沿革と島田総合病院
8.結語:再検証病院の対象となって

書籍概要

タイトル: 公立病院改革と医療政策
著者  : 川島秀樹・白木秀典・後藤浩士
価格  : 1430円(税込)
発売日 : 4月21日
ページ数: 116ページ
仕様  : 18.2×25.7 cm
ISBN  : 978-4909566546
発行元 : 玄武書房
URL   : http://genbu-shobo.com

著者紹介(共著)

■川島秀樹 博士(経済学)
福岡県八女市生まれ。九州大学大学院経済学府経済工学専攻単位修得後、博士(経済学)の学位を取得(経済博甲第119号)。外資系IT企業を経て、内閣府認証NPO「子どもの命と心のネット長谷健顕彰会」理事、三菱総合研究所指導講師・兼経済産業省臨時委員等を歴任。また、内閣府国際共同研究プロジェクト(マクロ経済学、給付付き税額控除でプログラム作成支援)に参画した。2001年より福岡市内の大学や医師会看護学校で情報学を教える。2008年3月よりコンピュータ導入のため保健医療経営大学に入職し、2008年4月より保健医療経営大学教授。

■白木秀典 博士(学術)、MBA(経営学修士)
福岡県北九州市生まれ。コロンビア大学ビジネススクール、佐賀大学大学院工学系研究科修了。モービル石油(株)、(株)ボストン・コンサルティング・グループ、オーストラリア勤務を経て、1992 年より東京にて経営戦略や営業戦略分野の経営コンサルティングに従事。2006 年よりグロービス経営大学院客員准教授、2011年より保健医療経営大学保健医療経営学部准教授、2015 年に同大学教授。医業経営コンサルタントとしての経験を基に、ヘルスケア産業界や、病院・診療所の経営の研究を行っている。

■後藤浩士 博士(法学)、税理士
熊本県山鹿市生まれ。コーポレートガバナンス(企業統治)とパブリックガバナンス(公共組織の統治)の架橋となる理論の構築に取り組んでいる。法学・経営学・会計学などの手法を用いた学際的な研究を進めている。実務面でも金融機関を含めた民間企業の取締役、自治体の行政委員を歴任。2017年から保健医療経営大学保健医療経営学部准教授、2022年からは九州共立大学経済学部准教授。

出版者概要

事業者名: 玄武書房
所在地 : 〒814-0113 福岡県福岡市城南区田島4丁目17-30
代表者 : 代表 秦 誠二郎
設立  : 2018年1月1日
事業内容: オンデマンド出版を主体に、専門書や学術書および自叙伝等を手掛ける。
URL   : http://genbu-shobo.com